手術受けた浜田ブリトニー、次は医療漫画に挑戦? (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

手術受けた浜田ブリトニー、次は医療漫画に挑戦?

このエントリーをはてなブックマークに追加
上田耕司週刊朝日#病気
浜田ブリトニーさん 退院した日、ワイン片手に

浜田ブリトニーさん 退院した日、ワイン片手に

「尿カテーテルをしたので本当に痛かった。今日は患部のガーゼを抜きました」

オフィシャルブログで、「入院します」と報告したところ、同じ病気の手術を受けた体験者から多くの励ましの声が届いたという。

「妊活中に発見された。『まずは赤ちゃんの命よりも自分の命』と担当医に言われた言葉が衝撃だった」

「(同じ病気で)通院していました。ステージが上がったので手術しないとダメですって言われて手術しました。そうしたら子宮頸癌になっていました。マジ、ショックでした」

「私は2回、円錐切除しましたが自然妊娠し、半年間入院生活を送りながら赤ちゃんを抱っこすることができています。一日も早い回復をお祈りします」

 コメントに励まされたブリトニーさんはしばらく休養した後、手術の体験などをもとにした漫画を描きたいという。

「同じ悩みを抱えている女性が多いんだなと思いました。今、切除した部分の病理検査をしています。がん細胞が見つかったら、再手術ということもありえますから、まだ安心はできません」

(本誌・上田耕司)

※週刊朝日オンライン限定記事


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい