松山英樹、米ツアー4勝! 丸山茂樹が認める「世界一」の技とは? (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

松山英樹、米ツアー4勝! 丸山茂樹が認める「世界一」の技とは?

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

このエントリーをはてなブックマークに追加
※写真はイメージ

※写真はイメージ

 米ツアーで4勝目を飾った松山英樹。丸山茂樹氏は「笑っちゃうぐらいの勝負強さ」だという。

*  *  *
 いやあ、しびれました。去年と同じプレーオフ4ホール目での決着とは。松山英樹(24)がやってくれました! 米PGAツアー「フェニックス・オープン」(2月2~5日、米アリゾナ州のTPCスコッツデール)で2連覇達成です。

 3日目を終えて、英樹はトップの安秉勲(韓)に4打差の3位でした。安の3日目後半のプレーぶりを見て、僕は「プレッシャーがかかってきたときに苦しむんじゃないかな」と思ったんです。ほかの選手も後半伸ばしきれなかったし、ディフェンディングチャンピオンの英樹に流れが来てると感じました。

 そして最終日、13番でトップをとらえました。上がり3ホール続けて入れごろのバーディーパットを外しはしましたが、プレーオフになったときに嫌だったのは、全米オープンに勝ったこともあるウェブ・シンプソン(米)の方だったんじゃないかな? 英樹はいまノリノリの選手だと、向こうも感じてますからね。そういう威圧感を与えられたとは思うんです。

 勝負を決したプレーオフ4ホール目の17番は、332ヤードと短いパー4でした。ここでコースマネジメントの差が出ましたね。ティーショットでドライバーを持ったウェブは、グリーンを狙いましたが、右のカラー付近へ。あそこからだと、直線的に狙って強すぎれば池、弱ければバンカーです。パターで狙ってもパーがやっと。3番ウッドでグリーンの手前につけた英樹の勝利でした。

 英樹は米ツアーでプレーオフ3戦負けなしですか。日本も含めたら5戦全勝!笑っちゃうぐらいの勝負強さですね。今シーズンはこの試合まで24ラウンド連続でオーバーパーの日がないんですよね。とにかく、ほとんどボギーを打たない。いま、まっすぐ飛ばして距離感を合わせるのは世界一じゃないですかね。すごいクオリティーでプレーしてますよ。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい