田原総一朗「『トランプ化』していく世界と、私は命をかけて戦う」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

田原総一朗「『トランプ化』していく世界と、私は命をかけて戦う」

連載「ギロン堂」

このエントリーをはてなブックマークに追加
田原総一朗氏は米国でも欧州でもゆとりがなくなり、「力による平和」などという言葉が登場している現状を危惧する (※写真はイメージ)

田原総一朗氏は米国でも欧州でもゆとりがなくなり、「力による平和」などという言葉が登場している現状を危惧する (※写真はイメージ)

 イギリスのEU離脱やドナルド・トランプ氏の次期大統領決定など、様々な変革が起きた2016年。“力による荒っぽい時代”になりそうだと予測するジャーナリストの田原総一朗は、生命をかけて民主主義の重要さを訴えると宣言する。

*  *  *
 12月21日、新たに米大統領となるトランプ氏は、対中強硬派といわれるピーター・ナバロ氏を新設する国家通商会議の議長に指名した。ナバロ氏はカリフォルニア大学の教授だが、2012年に「デス・バイ・チャイナ」(中国による死)というドキュメンタリー映画を制作した。中国からの輸出で米国経済は死に至る、というのだ。ナバロ氏については、ノーベル経済学賞受賞者のクルーグマン氏も「まったく見当はずれだ」と酷評しているが、トランプ氏はその過激さが気に入ったようだ。

 翌22日、トランプ氏は「米国は核戦力を大幅に強化、拡大しなければならない」とツイッターに投稿した。23日にテレビのインタビューで真意を尋ねられたトランプ氏は「軍拡競争をしよう。我々はやつらに勝って、やつらより長く続ける」と述べた。それに対し、プーチン氏は23日の記者会見で、「米軍が世界最強であることを争う気はない」と、軍拡競争を否定している。

 中国にもロシアにも、トランプ氏は強硬なのだ。オバマ大統領は軍縮と法による世界平和を提唱していたが、トランプ氏は「力による平和」を主張している。

 米国だけではない。英国は国民投票でEU離脱を決めた。フランスでも離脱を求める声は強く、オランド大統領は4~5月の大統領選に不出馬を表明。最右翼であるルペン氏の国民戦線と、中道・右派陣営の統一候補フィヨン氏の戦いになるとみられている。イタリアも国民投票に失敗して首相のレンツィ氏が辞任に追い込まれ、オランダでも右翼の自由党が勢力を拡大しているようだ。オーストリアの大統領選では何とか緑の党の候補が勝ったが、右翼の自由党の候補がきわどいところまで追いすがった。今年秋のドイツの総選挙で、果たしてメルケル首相が4選できるかどうか。世界中が荒っぽい年になりそうである。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい