6位に終わった松山英樹&石川遼ペア 丸山茂樹「歯車がかみ合わなかったのかな」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

6位に終わった松山英樹&石川遼ペア 丸山茂樹「歯車がかみ合わなかったのかな」

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

このエントリーをはてなブックマークに追加
この二人には明日がある! (c)朝日新聞社

この二人には明日がある! (c)朝日新聞社

 松山英樹選手(24)と石川遼選手(25)が日本代表として戦った「ISPSハンダ ゴルフワールドカップ」。丸山茂樹氏がその試合を振り返る。

*  *  *
 男子の国・地域別対抗戦「ISPSハンダ ゴルフワールドカップ」(11月24~27日、オーストラリア・メルボルンのキングストン・ヒースGC)で、松山英樹(24)と石川遼(25)の日本代表は28チーム中6位でした。初優勝のデンマークには、6打届きませんでした。

 僕は二人が最高の状態でかみ合えば、十分に優勝争いはできると思ってました。今回は歯車がかみ合わなかったのかな、と。パー5でしっかりバーディーをとっていくという持ち味が出せてませんでしたから。

 英樹は好調をずっと維持してたんですけど、それをワールドカップまでは持ってこられなかった。これもゴルフの難しさなのかなと思いましたね。それでも、頼もしいプレーはしてくれました。遼は英樹が調子悪くてできなかった部分を補えてたように見えました。お互いに「迷惑をかけた」とか「申し訳なかった」なんて思ってるかもしれませんけど、それはもちろん、いついかなるときでもあることだと思うんです。僕は、いいペアだったと思いますけどね。

 交互に一つの球を打つ「フォアサム」と、二人のベストボールで争う「フォアボール」。戦い方が日替わりですから、初めてだと対応するのが難しい。コースもそれなりにタフだったのかなと思いますし。まあ、アダム・スコット(36)を擁し、優勝候補筆頭だったオーストラリアも9位ですから。そんなに簡単じゃないというのは一目瞭然なのかなという気がしますけどね。

 英樹と遼は、何が足りないか、どうしたらよかったのかというのがわかったと思うんで、次の大会でもしまたペアを組むことになれば、確実にこれ以上の成績は収めるでしょうね。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい