「アダム、松山英樹、石川遼」組が実現? 丸山茂樹の意見は… (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「アダム、松山英樹、石川遼」組が実現? 丸山茂樹の意見は…

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

このエントリーをはてなブックマークに追加
3年前、プロで初めて同組で回ったときのふたり (c)朝日新聞社

3年前、プロで初めて同組で回ったときのふたり (c)朝日新聞社

 47歳になった、プロゴルファー・丸山茂樹氏が自分のこれからのこと、10月に行われる日本オープンなどについて語る。

*  *  *
「ANAオープン」(9月15~18日、札幌GC輪厚【わっつ】コース)に出るため、北海道に入りました。そしてここで47歳の誕生日を迎えました!

 ロサンゼルスにいる息子の奨王(ショーン・16)が、テレビ電話でお祝いのメッセージをくれました。父の日と誕生日はいつもそうなんです。日本で高校生ぐらいだと、なかなかこういうのって恥ずかしいもんでしょうけど、そのあたりは向こうでの生活が長いから、アメリカ人っぽくなってるのかもしれませんね。うれしいもんです。

 もう50歳まで3年になっちゃいました。早いもんですよね。左手親指の慢性亜脱臼がなんとかよくならないものかと、いろんな方法を探ってるんですけどね。なかなか……。

 自分の中ではもう50歳からのシニアツアーのことを考えてます。全試合ドベでもいいから、アメリカのシニアの「チャンピオンズツアー」でやってみたいという意欲があります。そこへ向かって、いろんなことを考えて、やっていこうと。これが47歳の抱負ですね。

 日本のゴルフ界に対しても、僕にできることはやっていきたいです。まだ青木功さん(74)が日本ゴルフツアー機構(JGTO)の会長になられたばかりですから、いろんな角度から意見を出し合って、青木政権を支える形で役に立てたらと思ってます。ジュニアに対する取り組みはもう、これまで通りにね。スタッフのみんなといろんな企画を考えて、前回より今回、今回より次回ということで、先を見ていろんなことを取り入れたいです。

 今年の「日本オープン」(10月13~16日、埼玉・狭山GC)はアダム・スコット(豪、36)、松山英樹(24)、石川遼(25)のそろい踏みになりました。日本ゴルフ協会(JGA)には3人を予選ラウンドで同組にしようというプランもあるようなんですけど、そうするとなんだか興行みたいになっちゃって変な感じなので、そこはもう、自然な感じで分けた方がいいんじゃないですかね。3人が注目されるのは当然ですけど、3人のための試合じゃないですから。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい