東尾修 「BIG3」より「早くからプロで活躍する」という甲子園球児は? (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東尾修 「BIG3」より「早くからプロで活躍する」という甲子園球児は?

連載「ときどきビーンボール」

このエントリーをはてなブックマークに追加
夏の甲子園で優勝投手となった作新学院の今井達也(撮影/写真部・東川哲也)

夏の甲子園で優勝投手となった作新学院の今井達也(撮影/写真部・東川哲也)

 作新学院の優勝で幕を閉じた甲子園。元西武ライオンズ監督の東尾修氏は甲子園球児の進路について、「プロ入り」より「プロでの活躍」のために熟考してほしいという

*  *  *
 リオ五輪は本当に盛り上がった。体操の内村航平、バドミントンのタカ・マツペアらの追い込まれながらの逆転金メダルには、頭が下がる。各団体がメンタル面も含めて強化してきた結晶だろう。野球もソフトボールとともに、2020年東京五輪で国民に祝福してもらえる結果を残さないといけない。

 リオ五輪の期間中、甲子園では高校球児が覇を競っていた。見ていて感心したのは、優勝した作新学院のエース、今井達也だ。決勝戦で自己最速の152キロを記録したというが、私はスピードガンはあまりアテにしていない。それよりも、腕の振りのしなやかさ、下半身と上半身のバランス、テイクバックからフィニッシュまでの形、左肩の使い方など、打者が打ちづらい球を投げる要素を備えていた点を評価したい。これだけ高い次元で完成している投手はそうはいない。1年や2年かけて、プロの体ができたら、スケールも大きくなると思う。

 早くからプロで活躍するかどうかという点でいえば、「ビッグ3」といわれた履正社の寺島成輝、横浜の藤平尚真、花咲徳栄の高橋昂也よりも、今井のほうが上ではないか。

 私が西武の監督だったときにドラフト会議で1位くじを当てた松坂大輔(現ソフトバンク)、その8年後に楽天に入団した田中将大(現ヤンキース)といった、高卒1年目から10勝をあげる投手はなかなかいない。この2人に共通するのは、体幹の強さ、馬力だ。プロは日々、試合がある。中5日や6日で投げ続けることができなければ、1年目から頭角を現すことはできない。

 1999年、私が高卒1年目の大輔を開幕ローテーションに入れるうえで、まず重視したのは春季キャンプでの最初の10日間だった。プロのキャンプにどれくらい余裕を持ってついてこられるか。体の張りがどれだけ出るか。そこをクリアしたときに初めて、「開幕から戦力として使おう」という意識になった。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい