マルちゃんJr.が優勝! アメリカ最古のジュニア大会での名誉 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

マルちゃんJr.が優勝! アメリカ最古のジュニア大会での名誉

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

「ゴルフを長く楽しんでくれたらと思ってるんで、絶対勝てなんて決して言わないんですけど…」(※イメージ)

「ゴルフを長く楽しんでくれたらと思ってるんで、絶対勝てなんて決して言わないんですけど…」(※イメージ)

 これまで数々の大舞台に立ってきたプロゴルファーの丸山茂樹氏。しかし、そんな丸山氏に「眠れなくて大変」だった大会が最近あったという。

*  *  *
 先日、キャロウェイゴルフさんとアンバサダー契約を結び、発表させてもらいました。

 世界的なブランドであるキャロウェイさんにサポートしてもらえるのは大きいですし、自分も役立てることがあればと思います。「こういうフィーリングのクラブがあれば」と意見を出し、僕自身の経験から伝えられることもたくさんあると考えてます。

 僕の今シーズンのツアー初戦になった「長嶋茂雄招待セガサミーカップゴルフトーナメント」(6月30日~7月3日、北海道・ザ・ノースカントリーGC)からキャロウェイ製品を使わせてもらいました。締め切りの関係で、結果は来週号でお知らせしますね。

 ひとつ、うれしいことがありました。アメリカで暮らしてる息子の奨王(ショーン・16)が、向こうで一番歴史のあるジュニアの大会で優勝したんです。「ウェスタンジュニア選手権」(6月21~23日、米ミシガン州ロイヤルオークのレッドランGC)。古くはフレッド・カプルス(56)、そしてタイガー・ウッズ(40)やフィル・ミケルソン(46)もジュニア時代に出た試合で、リッキー・ファウラー(27)が2005年に優勝してるんです。

 奨王は初日が終わってトップに2打差の9位。2日目に66で回ってトップに立ち、2位に3打差をつけて最終日を迎えたんです。

 最終日は2ラウンドしなくちゃいけないから、電話で話したときに「自分の目標をきっちり立てて、1アンダー、1アンダーで回ってくればいい。それで勝てなければ、それはもう仕方ないと思うよ」と伝えました。そしたら1アンダー、2アンダーで。2位に2打差をつけての優勝でした。

 この試合に出たくて出たくて、出る資格を得るためには目の前の試合で何位に入らないと、ってやってきました。まず出られたことが本当にうれしかったと思うんですよね。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい