室井佑月「テレビ局は、面倒臭いことは厭なのね」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

室井佑月「テレビ局は、面倒臭いことは厭なのね」

連載「しがみつく女」

このエントリーをはてなブックマークに追加
参院選前のテレビでの党首討論会について…(※イメージ)

参院選前のテレビでの党首討論会について…(※イメージ)

 作家・室井佑月氏は、参院選前のテレビでの党首討論会について持論を展開する。

*  *  * 
 なぜ参議院選挙公示後に、テレビの党首討論会は1回だけしかやらないのか。大事な選挙が行われるというのに。党首たちのやりとりを見て、投票先を決めたいという有権者だっているだろう。……ということを考えていたら、6月24日の朝日新聞デジタルに、

「公示後のテレビ党首討論1回だけ 見えない政見、背景は」

 という記事が書かれていた。ズバリ、タイトル通りの内容だ。

 じつは、公示前日の「報道ステーション」で開かれた党首討論でも、この話が出た。

 司会者が番組の中で、安倍首相に再度の討論会を呼びかけた。

 安倍さんは、

「期日前投票が増えた。その前に議論を終えておくべきだ」

 と答えた。ほかの党首は乗り気だったけど。

 ちなみに、公示後に開かれた討論会は、TBSの「NEWS23」の1回だけ。

 べつに公示前もやって、公示後もやればいいじゃん。

 新聞の記事には、自民党側が安倍首相の遊説日程などを理由に、出演は公示前後の1週間にしてくれといってきたと書かれていた。

 このことを取材したら、

<多くのテレビ局は「番組制作に関わることなのでコメントは差し控える」などと回答>

 安倍政権がおっかないから? だが、一部の人はこう答えたらしい。

<ある民放幹部は「参院選や政治状況に視聴者の関心を引きつける要素があまりない」とみる。「党首討論をやっても視聴率がとれないということなら、現場もそれを気にする」>

 え? つまり、報道の役目を捨てた?

 選挙がはじまると、テレビでは「選挙に行きましょう」という呼びかけだけはする。あれって嘘なの?

 選挙に視聴者の関心を引きつける要素があまりないっていうなら、こういうときにこそ視聴者の興味を煽る放送をするべきでしょう。

 それに、視聴率うんぬんより、国民に知らせなきゃならないことを知らせるって役目のほうが重要だ。なぜそこを忘れてしまう?


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい