プロポーズに「どういう意味?」 亡き父・井上ひさしが引き合わせた縁 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

プロポーズに「どういう意味?」 亡き父・井上ひさしが引き合わせた縁

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#夫婦
劇団こまつ座取締役の小宮山忠雄さん(右)と劇団こまつ座の代表取締役社長の井上麻矢さん夫妻(撮影/写真部・長谷川唯)

劇団こまつ座取締役の小宮山忠雄さん(右)と劇団こまつ座の代表取締役社長の井上麻矢さん夫妻(撮影/写真部・長谷川唯)

 日本を代表する名作家・劇作家、故・井上ひさし氏の三女で、劇団こまつ座の経営を引き継いだ妻・井上麻矢さん。夫でNHKの報道プロデューサーだった小宮山忠雄さんとは19歳の時に出会った。その後、20年近く会うことはなかったが、父・井上ひさしの死が二人を引き合わせたという。

*  *  *
夫:ニューヨークの同じマンションに同僚夫妻が住んでいて、その奥さんに簡単な和食を教わったりしてね。それが結構楽しくて。帰国後、母に食べさせたら「おいしい」って喜んで。それ以来、母は自分で料理をしなくなって、母の食事も僕が作ることに。そんなある日、テレビを見ていたら、井上ひさしさんが亡くなったという。さて、麻矢さんはどうしてるんだろうと思ったら、こまつ座代表として彼女が会見してる。いや、驚きましたよ。

妻:それですぐ、連絡をくださったんですよね。

夫:こまつ座に手紙を出しました。よかったら話を聞かせてくれないか、と。

妻:約20年ぶりの再会でしたけど、やっぱり私にとっては雲の上の人。ただ、父のお別れの会を開くことになって、NHKから映像をお借りしなきゃいけなくて。その手配に、彼に力添えしてもらったり。そこからですね。個人的に連絡を取り合うようになったのは。

夫:何度か会ううち、彼女が大変な苦労をしてることを知って。

妻:よく電話をくださるし、食事にも誘ってくださるようになって。よくしてくれてありがたいなあ、と思ってたんです。ある時、彼から「どうしてそんなに働くの?」って聞かれて。

夫:そうだったね。

妻:子供たちを食べさせるためです!って答えた。そしたら「せっかくお父様から素晴らしい仕事を受け継いだんだから、お金のためだけに働くのはやめなさい」って言われて。でも、それじゃ誰が私の子供たちを養ってくれるんですか?って、思わず反発したんです。そしたら「生活の面倒は僕が見ますよ」と。

夫:ははは。

妻:意味がよくわからなくて「あのう、それはどういう意味でしょうか?」。そしたら「結婚しましょうっていう意味です」って。びっくりしました。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい