駅伝優勝の青学 監督のクビを救った意外な成果とは? 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)
猫特集

AERA dot.

駅伝優勝の青学 監督のクビを救った意外な成果とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日

青山学院大学陸上競技部監督原晋はら・すすむ/1967年、広島県生まれ。世羅高校を経て、中京大学に進学。全日本インカレ5000メートルで3位入賞。89年、中国電力陸上競技部1期生で入部、5年で選手生活を終える。2004年、青山学院大学陸上競技部監督就任。15年、青学史上初となる箱根駅伝総合優勝。16年、箱根駅伝完全優勝。著書に『フツーの会社員だった僕が、青山学院大学を箱根駅伝完全優勝に導いた47の言葉』(アスコム)などがある(撮影/写真部・植田真紗美)

青山学院大学陸上競技部監督
原晋
はら・すすむ/1967年、広島県生まれ。世羅高校を経て、中京大学に進学。全日本インカレ5000メートルで3位入賞。89年、中国電力陸上競技部1期生で入部、5年で選手生活を終える。2004年、青山学院大学陸上競技部監督就任。15年、青学史上初となる箱根駅伝総合優勝。16年、箱根駅伝完全優勝。著書に『フツーの会社員だった僕が、青山学院大学を箱根駅伝完全優勝に導いた47の言葉』(アスコム)などがある(撮影/写真部・植田真紗美)

著書『フツーの会社員だった僕が、青山学院大学を箱根駅伝完全優勝に導いた47の言葉』を手にする原晋さん(撮影/写真部・植田真紗美)

著書『フツーの会社員だった僕が、青山学院大学を箱根駅伝完全優勝に導いた47の言葉』を手にする原晋さん(撮影/写真部・植田真紗美)

 箱根駅伝で39年ぶりの完全優勝に導いた青山学院大学陸上競技部の原晋監督。ユニークな指導法が各方面から注目を浴びている。しかし、実は一度、ピンチもあったそう。原監督や選手の皆さんが暮らす町田寮で行なった作家・林真理子さんとの対談では、意外な乗り越え方を明かした。

*  *  *
林:ところで原監督ご自身は一度陸上から離れて、中国電力で営業マンをしていたころ、青学の陸上部の監督に誘われたんですよね。

原:大学を卒業して中国電力の陸上部の1期生として入ったんですが、入社1年目に右足首をねん挫して、5年で退部して営業所に配属されました。そこで一念発起して営業マンとしてかなりの成績をあげたんですが、10年くらい経ったとき監督の話が舞い込んできたんです。

林:就任当初、「3年間で結果を出す」とおっしゃったのに結果が出なくて、そこで必死のプレゼンテーションをして契約が継続されたと書かれていましたが。

原:実際には、「5年で箱根駅伝に出場する」という言い方をしたんですが、僕は3年契約の嘱託職員だったので、目標と契約期間にミスマッチがあったんです。しかも運の悪いことに、更新のときの3年目がいちばん成績が悪くて、チームも崩壊寸前だった。それで大学の執行部に対しては、陸上競技としての成果ではなく人間教育としての成果を話したんです。

林:たとえばどういうことですか。

原:陸上は身一つで走るシンプルな競技ですから、規則正しい生活が基本なんです。「起床は6時、門限は22時です。当初は門限破りもいましたが、いまは徐々に改善されています。ボランティアとして地域の清掃活動もやって、チームに一体感を持たせるようにしています。試験中は全員が食堂に集まり、勉強会をやっています……」。つまり、真っ当な学生を育てています、ということを熱く語ったような気がします。

林:執行部の方々の反応はどうでした?

原:キョトンとされてました(笑)。「いまやっていることが将来、陸上の成績に間違いなくつながります。土壌を改良して、いい循環に入りかけています。もうしばらくお待ちください」というようことを言ったところ、「頑張ってるんだね。じゃあ、もう1年様子を見ようか」という話になったんだと思いますね。

週刊朝日   2016年3月18日号より抜粋


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい