この顔は覚えておきたい! リオ五輪でメダル狙う若手6人 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

この顔は覚えておきたい! リオ五輪でメダル狙う若手6人

このエントリーをはてなブックマークに追加
古賀紗理那バレーボール 19歳こが・さりな 佐賀県出身。NECレッドロケッツ。熊本信愛女学院高校2年時に全日本入り。15年1月からレッドロケッツでプレーを始め、2014/15V・プレミアリーグ優勝に貢献した。身長180センチ(撮影/馬場岳人)

古賀紗理那
バレーボール 19歳

こが・さりな 佐賀県出身。NECレッドロケッツ。熊本信愛女学院高校2年時に全日本入り。15年1月からレッドロケッツでプレーを始め、2014/15V・プレミアリーグ優勝に貢献した。身長180センチ
(撮影/馬場岳人)

瀬戸大也競泳 21歳せと・だいや 埼玉県出身。JSS毛呂山/早稲田大学。2013年の世界水泳400メートル個人メドレーで優勝。15年の同大会で2連覇した。200メートル個人メドレーとバタフライでの出場&メダルも狙う(撮影/馬場岳人)

瀬戸大也
競泳 21歳

せと・だいや 埼玉県出身。JSS毛呂山/早稲田大学。2013年の世界水泳400メートル個人メドレーで優勝。15年の同大会で2連覇した。200メートル個人メドレーとバタフライでの出場&メダルも狙う
(撮影/馬場岳人)

 初めてのオリンピック出場に胸を躍らせる期待の6人。皆、虎視眈々とメダルを狙っている。彼らの活躍が、日本の夏を熱くさせることは間違いない!!

【若手6人の写真はこちら】

 まずは競泳の瀬戸大也(せと・だいや、21歳)。

「前回は悔しい思いをしたので……」。ロンドン五輪は、日本選手権で3位に終わったため出場すらできなかった。「オリンピックなんて見たくなくて。見たのは、公介(ライバルの萩野公介選手)のレースだけです。公介がメダルを獲ったことで、いつまでも引きずっていては駄目だと感じました」

 昨年の世界水泳400メートル個人メドレーで優勝し、早々に五輪出場権を獲得。昨年は自宅トイレにマジックで「準備」と書いた紙を貼っていたが、今年になってその紙は「自信」に取って代わった。世界水泳を制した泳ぎに磨きをかけ、表彰台の真ん中に立つ!

 既に「世界一」を経験済みなのはバドミントンの桃田賢斗(ももた・けんと、21歳)だ。

 昨年末のスーパーシリーズファイナル男子シングルスで優勝。日本人男子初のメダル獲得に夢が膨らむ。「獲りたいとは思いますけど『獲れるぞ』とまでは……。まだ直接対戦して勝っていない強い選手が3人いますから」と言葉を選ぶが、メダルを獲得することで、二つの夢を叶えたいと願っている。

「自分が勝つことで子供たちに夢を与え、バドミントンをメジャースポーツにしたい」。もう一つの夢は……福島県立富岡高校1年の時に被災、周囲の協力のもとで練習を続けられたという桃田。「お世話になった方々に、恩返しができたらいいなと思います」。

 次は、最高打点305センチのアタックが光る、バレーボールの古賀紗理那(こが・さりな、19歳)。

「ロンドンオリンピックでの全日本女子バレーの3位決定戦が、印象に残っています。世界の舞台でメダルを獲得することに憧れがありますので、感動しました」。

 韓国を破り銅メダルを獲得した一戦は、高校1年だった古賀に強い衝撃を与えた。それからわずか10カ月後、彼女は全日本の一員としてコートに立ち、今や主力に成長。五輪世界最終予選兼アジア大陸予選が3カ月後に迫ってきたが、「今はすべてにおいて精いっぱいやっている状態ですので、プレッシャー等を感じることは特にありません」。無心でプレーする“次期エース”の覚醒に期待したい。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい