旭日小綬章の「世界のAOKI」 意外と知らないすごい戦績 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

旭日小綬章の「世界のAOKI」 意外と知らないすごい戦績

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#丸山茂樹
青木さんは太陽みたいな人です! (c)朝日新聞社

青木さんは太陽みたいな人です! (c)朝日新聞社

 若手の活躍がめざましい日本のゴルフ界。しかし、ベテラン勢の朗報も少なくないと丸山茂樹氏はいう。

*  *  *
 日本ゴルフ界の誇りですね。青木功さん(73)です。秋の叙勲で旭日小綬章を受けられました。2008年秋の紫綬褒章に続く栄誉になります。

 青木さんの一番すごいところは、これはみなさん、あんまりご存じないと思うんですけど、日本、アジア、オーストラリア、ヨーロッパ、アメリカと、すべてのツアーで勝ってるんです。

 世界を股にかけて全部優勝してるところで「世界のAOKI」と呼ばれる。「世界のナベアツ」じゃないっすよ。ちょっと古いか(笑)。それに、いまも現役というポジティブな気持ちがすごいですよね。

 青木さんがもし米PGAツアーを主戦場にしてたら、どうだったでしょうね。アメリカのシニアツアーにあたる「チャンピオンズツアー」では9勝されてます。若いときに米ツアーでやってたら、また日本ゴルフの歴史も変わったんじゃないかと想像しちゃいますね。1983年にハワイアンオープンで優勝したときに、なんで腰を据えて挑戦されなかったのか、今度聞いてみたいと思います。

 話は変わりまして、日本男子ツアーです。平和PGM選手権(11月5~8日、千葉・総武CC総武コース)は谷原秀人(37)が2年ぶりのツアー優勝を果たし、通算11勝目となりました。パッティングのクオリティーが相当に高いですね。最終日8番の1メートルほど切れるスライスラインを読み切ったバーディーは圧巻でした。

 昨シーズンまで3年連続で平均パット数が最少って、これはなかなかできることじゃない。パッティングに関しては、自分の中で確固たるものを持ってるんだろうなと感じさせました。彼のお父さんが胃がんと闘っているそうで、2年ぶりのこの勝利は何よりの朗報になったでしょうね。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい