真田家14代当主・真田幸俊「徳川家を恐れつつ残した三成の“密書”」

2015/10/20 07:00

 戦国最強の武将と名高い真田幸村の血脈を受け継ぐ真田家14代当主の真田幸俊(ゆきとし)さんは、ほとんど処分されたはずの石田三成の書状が真田宝物館に残っているという。

あわせて読みたい

  • 子孫が語る刀剣と秘話 寝ずの番で守った家康から拝領の「吉光」

    子孫が語る刀剣と秘話 寝ずの番で守った家康から拝領の「吉光」

    週刊朝日

    3/3

    真田家14代当主・真田幸俊「先祖の宝守るため、推理小説書いた住職」

    真田家14代当主・真田幸俊「先祖の宝守るため、推理小説書いた住職」

    週刊朝日

    11/16

  • 真田家14代当主・真田幸俊「寿命が縮んだ『真田神社』の揮毫」

    真田家14代当主・真田幸俊「寿命が縮んだ『真田神社』の揮毫」

    週刊朝日

    11/6

    真田家家臣・小山田家13代「幸村の姉を嫁にもらった重臣、池波正太郎氏も取材に来た」

    真田家家臣・小山田家13代「幸村の姉を嫁にもらった重臣、池波正太郎氏も取材に来た」

    週刊朝日

    11/2

  • 真田家14代当主・真田幸俊「徳川家を敵に回した代償」

    真田家14代当主・真田幸俊「徳川家を敵に回した代償」

    週刊朝日

    10/13

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す