重病説あった加藤茶 本人も番組見て死にそうと思っていた! 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

重病説あった加藤茶 本人も番組見て死にそうと思っていた!

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
ズンドコ伝説Amazonで購入する

ズンドコ伝説
Amazonで購入する

 一時は「重病説」がささやかれた加藤茶さん。林真理子さんとの対談で、そのときのことを明かした。

*  *  * 
林:少し前まで、お体のお加減が悪いんじゃないかって、日本中が心配していろんな記事が出ましたけど。

加藤:具合、悪かったんです。去年は最低でしたね。「俺、もしかしたらこのまま逝っちゃうかもしれない」と思ったくらいでしたから。

林:それが、今はすっかり?

加藤:ええ。今年になってからちょっと変わりました。

林:なんでこんなにお元気になっちゃったんですか。10歳ぐらい若返られたような気がしますけど。

加藤:僕、大動脈解離という心臓の病気をやってるんです。手術して処方された薬を飲んでたんですけど、その一つが合わなくて。去年、鶴瓶ちゃんの番組に出たんですけど……。

林:「鶴瓶の家族に乾杯」ですね。

加藤:はい。あれを見た人が、加藤は死ぬかもしれないと思ったらしいんです。実際、僕もオンエアを見てそう思いました(笑)。鶴瓶ちゃんのツッコミに返せなくて、ボーッとしてるんですね。あのロケの後、晩めし食べてから熱が出て体も震えて、カミさんが急いで病院に運んでくれたんです。

林:ええ、ええ。

加藤:そのまま緊急入院していろいろ調べてもらったら、薬のせいでパーキンソン症候群(パーキンソン病の症状が別の原因で生じること)になってたことがわかったんです。

林:薬を処方したお医者、ひどいじゃないですか。

加藤:でも、その先生のおかげで薬が原因とわかったんですよ。去年は病院と家を行ったり来たりしてました。

週刊朝日  2015年8月21日号より抜粋


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい