『タッチ』の名シーン 南ちゃん役日高のり子は「一声も発していない」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

『タッチ』の名シーン 南ちゃん役日高のり子は「一声も発していない」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日増刊 甲子園2015Amazonで購入する

週刊朝日増刊 甲子園2015
Amazonで購入する

 まもなく幕が開く夏の甲子園。高校野球をテーマにした漫画の中でも最高峰の一つが、あだち充さんの『タッチ』だ。アニメでヒロイン・浅倉南の声優を務めた日高のり子さんは、その大役にプレッシャーを感じたという。

*  *  *
 私は兄の影響で、浅倉南役のオーディションを受ける以前から、あだち充先生の作品は読んでいました。中でも『タッチ』が大好きでしたから、ぜひやりたいと思っていたんです。いざ合格して、記者発表のような場に出てみると、関わっている方々があまりに多くて。声優としてキャリアの浅かった私は、期待の大きさに「大変なことになったぞ」と思ったものです。

 勉強ができて、スタイルも良くて、運動神経抜群なのに、それを鼻に掛けたところはないし、南ちゃんは男性が思い描く理想の女性像ですよね。

 南ちゃんは、相手が誰であっても傷つくことは絶対に言いません。それは『タッチ』のすべての登場人物にいえることで、人をおとしめるような人物がいなくて、人が人を思いやることが作品の根底に流れている。

 甲子園に出場するために倒さなければいけないライバルはたくさん登場しますが、悪役は誰一人いません。唯一、厳しく部員をしごく柏葉英二郎監督がそれに近い存在ですが、最終的には達也とも心が通じ合います。

 物語の前半に、幼なじみのカッちゃんが亡くなってしまうシーンは、私もショックを受けました。あだち先生の作品にはふさわしくないぐらい、救いようのない悲しさで。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい