絶叫マシン好きでお茶目な素顔 二十七回忌「美空ひばり」 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

絶叫マシン好きでお茶目な素顔 二十七回忌「美空ひばり」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日

"美空ひばり 極(きわみ)ベスト50
Amazonで購入する"

 二十七回忌を迎えた今も、人々の記憶に残る美空ひばりさん。

「おふくろは帰宅すると毎晩、寝ている僕の顔を見にきました。酔って帰ってきたある日、怪物マスクをかぶって覗き込んできた。目が覚めて逃げ回る僕を追いかけてくるんですよ。ふざけるのが好きな人でした」

 加藤和也さん(43)は、母・ひばりさんとの幼少期の思い出をこう振り返る。

 普段は「ふつうのお母さん」(和也さん)。舞台を降りれば、すっぴんに近いナチュラルメイク。遊園地の絶叫マシンが大好きで、たまの休みには和也さんを連れ、一緒に行列に並んだ。

 一方、お客さんを喜ばせたい、という歌手・美空ひばりの思いは、実生活にも通じていた。自らの誕生日には自宅で大規模なパーティーを開いたが、「あの人、飲み物がないわ」などと言いながら、常に人の様子を気にして動き回っていたという。

「人が楽しんでいるのを見たい。だからいつも誰かを呼んでいました。寂しがりやなんです」

 少年時代、ひばりさんが家にいる夜は、パジャマを着て果物をつまみながら、仮面ライダーやアニメの8ミリを見た。母と二人きりで過ごしたわずかなひとときは、今も和也さんの宝物だ。

「素顔を知っているのは息子である僕の特権。でも、みなさんに知ってほしい気もします」

週刊朝日 2015年7月24日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい