心停止下の臓器提供が激減! 法改正で移植医療が危機的状況に

病気

2015/04/07 07:00

 本誌3月20日号で、改正臓器移植法施行から5年となる現在、脳死下での提供数がさほど増えていない現状を取材し、報告した。ところが、実は心停止後の提供も急激に減っていた。日本臓器移植ネットワークによると、施行前の提供数は年間70~100件ほどだったが、2014年はわずか27件にとどまる。なぜ、ここまで減っているのか。

あわせて読みたい

  • 海外での臓器移植 “手付金”高騰に「なぜ」の声

    海外での臓器移植 “手付金”高騰に「なぜ」の声

    週刊朝日

    3/17

    4年半で215人…日本で臓器提供者が増えない理由

    4年半で215人…日本で臓器提供者が増えない理由

    週刊朝日

    3/17

  • 移植医療

    移植医療

    週刊朝日

    7/9

    心臓移植の希望者は増加 患者支える医療の進歩と延びゆく待機期間の葛藤

    心臓移植の希望者は増加 患者支える医療の進歩と延びゆく待機期間の葛藤

    AERA

    2/27

  • 1カ月で仕事復帰も可能 腎不全に人工透析より「移植」の選択肢

    1カ月で仕事復帰も可能 腎不全に人工透析より「移植」の選択肢

    AERA

    4/11

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す