日野原重明102歳「子どもたちを死から遠ざけるのはやめて」

介護を考える

2014/04/06 07:00

 聖路加国際病院理事長の日野原重明さん(102)が、絵本『だいすきなおばあちゃん』を発表した。朝日新聞土曜beで連載中のコラム「あるがまゝ行く」紙上で、2年前に「童話作家になる」と宣言。100歳の夢を実現させた情熱の源は何なのか、日野原さん自身が語った。

あわせて読みたい

  • 3月号医師 日野原重明 Hinohara Shigeaki102歳、はじめての絵本で伝えたかったこと

    3月号医師 日野原重明 Hinohara Shigeaki102歳、はじめての絵本で伝えたかったこと

    3/14

    「若い人のできることは何でもやろうと」日野原重明90歳のときの言葉

    「若い人のできることは何でもやろうと」日野原重明90歳のときの言葉

    週刊朝日

    5/19

  • 「看取り士」になった娘が見つめた母の最期

    「看取り士」になった娘が見つめた母の最期

    AERA

    11/13

    「人が死んでいく過程を子どもにも見せてほしい」 辣腕救急医が語る「死生観」

    「人が死んでいく過程を子どもにも見せてほしい」 辣腕救急医が語る「死生観」

    dot.

    3/9

  • 日野原重明さんの訃報に「泣きすぎて」宮城まり子の手紙

    日野原重明さんの訃報に「泣きすぎて」宮城まり子の手紙

    週刊朝日

    12/14

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す