田原総一朗「天皇・皇太子が踏み込んだ日本国憲法論」

ギロン堂

憲法改正

2014/03/13 07:00

 憲法改正を進める自由民主党に対して、天皇や皇太子は正反対の認識を表明している。ジャーナリストの田原総一朗氏は、自民党の改憲について批判的にこう語る。

あわせて読みたい

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す