対談 今野敏×堂場瞬一 警察小説が人気の理由

2014/02/17 11:30

 今野敏さんの「連写 TOKAGE3」と堂場瞬一さんの「内通者」(どちらも朝日新聞出版)、警察小説2作品が2月7日に同時発売された。絶大な人気を博すお二人に、警察小説の面白さなどを語ってもらった。司会は文芸評論家の細谷正充さん。

あわせて読みたい

  • 「書いている本人もドキドキ」今野敏が「警察小説」を書き続ける理由

    「書いている本人もドキドキ」今野敏が「警察小説」を書き続ける理由

    週刊朝日

    12/16

    2月号作家 堂場瞬一 Doba Shunichi「家族小説」への挑戦

    2月号作家 堂場瞬一 Doba Shunichi「家族小説」への挑戦

    2/27

  • “ピーク後の人生”をどう生きるか? 堂場瞬一が新作小説で問う

    “ピーク後の人生”をどう生きるか? 堂場瞬一が新作小説で問う

    週刊朝日

    2/27

    弱者の事件描きたい… 女性作家が挑戦した新しい警察小説とは

    弱者の事件描きたい… 女性作家が挑戦した新しい警察小説とは

    dot.

    12/8

  • 2月号文芸評論家 細谷正充 Hosoya Masamitsu著者の新境地、新人警官の成長物語

    2月号文芸評論家 細谷正充 Hosoya Masamitsu著者の新境地、新人警官の成長物語

    2/27

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す