小説家・冲方丁「最後まで苦悶している土方は、男が惚れる男」

2013/11/30 07:00

 1863年に結成され、今年で150周年を迎えた新選組。活動期間はわずか6年だったにも関わらず、今でも人々の心をつかむ。2012年に『光圀伝』で第3回山田風太郎賞を受賞した小説家・冲方丁(うぶかたとう)氏がその魅力を明かした。

あわせて読みたい

  • 「ジミ~に10年やっていた」冲方丁の下積み時代

    「ジミ~に10年やっていた」冲方丁の下積み時代

    週刊朝日

    9/14

    『天地明察』の冲方丁、「イケメンで天然」な素顔

    『天地明察』の冲方丁、「イケメンで天然」な素顔

    9/15

  • 司馬遼太郎『燃えよ剣』の魅力 土方歳三はなんのために生きたのか

    司馬遼太郎『燃えよ剣』の魅力 土方歳三はなんのために生きたのか

    週刊朝日

    10/2

    幕末を彩った元祖体育会系!? 3月13日は「新選組の日」

    幕末を彩った元祖体育会系!? 3月13日は「新選組の日」

    tenki.jp

    3/13

  • 岡田准一「土方歳三に呼ばれ、振り向いてもらえた」 映画『燃えよ剣』を語る

    岡田准一「土方歳三に呼ばれ、振り向いてもらえた」 映画『燃えよ剣』を語る

    週刊朝日

    10/5

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す