辛坊治郎氏、農地法に言及「豊かな未来を手放している」

2013/02/23 07:00

 除染作業があまり進んでいない福島第一原発近郊の農地。一部地域では、休耕地を大規模太陽光発電施設に転用する計画があったが、認められなかったという。ジャーナリストの辛坊治郎氏は農林水産省の「農地法」について言及した。

あわせて読みたい

  • 休耕地の転用に農林水産省がノー 震災復興阻む

    休耕地の転用に農林水産省がノー 震災復興阻む

    週刊朝日

    2/21

    鳴り物入りの“成長戦略の柱”は看板倒れ? 養父市では成功も…課題残る

    鳴り物入りの“成長戦略の柱”は看板倒れ? 養父市では成功も…課題残る

    AERA

    2/19

  • 「農林中金不要論」をぶち上げた小泉進次郎に大ブーイング

    「農林中金不要論」をぶち上げた小泉進次郎に大ブーイング

    週刊朝日

    3/2

    さらなる「揚水発電」が日本を救う? 辛坊治郎氏が提案

    さらなる「揚水発電」が日本を救う? 辛坊治郎氏が提案

    週刊朝日

    12/25

  • 広瀬隆「除染後も続く汚染、今からでも避難を」

    広瀬隆「除染後も続く汚染、今からでも避難を」

    週刊朝日

    12/27

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す