古田新太が開催した“男同士間接キッス飲み会” 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

古田新太が開催した“男同士間接キッス飲み会”

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#古田新太

現代の肖像 古田新太 (eAERA) [Kindle版]

神山典士著/今井一詞写真

B00JR5M4YO

amazonamazon.co.jp

 俳優の古田新太氏は20代の頃、大阪での演劇活動のかたわら、文章を書く仕事もしていた。そこから次第に東京にも仕事で呼ばれるようになり、大阪と東京で家を借りW生活を送ることに。当時の生活は実にシンプルでワイルドだったようだ。

*  *  *
 東京の部屋には何もなかった。布団とラジカセ、ファミコン付きTVと電話。そして、中華鍋。この5つしかなかった。冷蔵庫は近くにコンビニがあったからいらねーなと思った。掃除機もないけど、足で掃けばいい。洗濯機も幸い近くにコインランドリーがあったし。ましてテーブルなんて、毎日外食してるわけだから、必要ねえやって感じである。

 しかしながら、本当に時々、友達が遊びに来たりする。コンビニでつまみを買って、バーボン買って、氷買って、いざ飲むのであるがコップもない。しょうがないので口に氷を含み、バーボンを回し飲みで口に入れ、頭を振って、口の中でロックにして飲むという“男同士間接キッス飲み会”みたいなことをしていた。していたのは、いまやドラマで偉くなっちゃった、フジテレビの長部(聡介・ドラマ制作センター部長)である。付き合ってくれてありがとう、おさべっち。

週刊朝日 2012年10月26日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい