「日本は偉い人が反省しない国」と田原総一朗氏が終戦記念日に語る

ギロン堂

田原総一朗

2012/08/22 16:00

 ジャーナリストの田原総一朗氏は、終戦の1945年8月15日当時、国民学校初等科(現在の小学校)の5年生だった。その日の正午に天皇陛下の玉音放送が行われ、田原氏の人生はガラッと変わった。田原氏は、「その日は、いわば私の人生の原点である」と振り返る。

あわせて読みたい

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す