福原愛の父 差し入れの「おにぎり」でテロリストと間違われた過去 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

福原愛の父 差し入れの「おにぎり」でテロリストと間違われた過去

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#福原愛
爆弾に見えた?(※イメージ)

爆弾に見えた?(※イメージ)

 間もなくロンドンオリンピックが開幕する。「愛ちゃん」の愛称で知られる卓球の福原愛は、第28回アテネ大会で意外なアクシデントに見舞われていた。

 アテネ大会で福原のお父さんが、差し入れ用に海苔で巻いたおにぎりを会場に持参したところ、荷物検査で爆弾と間違われてテロリストの嫌疑をかけられた。海苔で巻かれたおにぎりは真っ黒で爆弾に見えなくもないが、日本人の"パワーの源"だけに、そこは見逃してほしいところだが……。

※週刊朝日 2012年8月3日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい