M・ジャクソン 「肌の黒いスーパーマンはいるか」と音楽評論家に詰め寄る 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

M・ジャクソン 「肌の黒いスーパーマンはいるか」と音楽評論家に詰め寄る

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日

 音楽評論家の湯川れい子さんは、世界のスーパースターと交流してきた。『スリラー』で爆発的ヒットを飛ばす前の故マイケル・ジャクソンもその一人。マイケルは彼女とのインタビューの中で黒人としてのこだわりを見せていたという。当時の様子を音楽ライターの和田静香氏がこう記す。

*  *  *
 湯川には、どうしてもマイケルに尋ねたいことがあった。

「なんで『ハートブレイク・ホテル』なんですか?」

 マイケルは80年秋に発表したジャクソンズのアルバム『トライアンフ』の中で、エルヴィスの大ヒット曲と同じタイトルの「ハートブレイク・ホテル」を書き、歌っていた。「復讐」をテーマにした曲で、エルヴィスを揶揄するような歌詞も出てくる。

「あれはエルヴィスのファンにとっては神聖な曲なのに、それをタイトルにするなんて......」

 すると、マイケルはキッとした顔をして言った。

「僕らにとっては神聖でもなんでもありません。エルヴィスは黒人の音楽を盗んだのですから」

 湯川は反論した。

「でも、黒人の音楽と白人の音楽をつないだエルヴィスがいたからこそ、黒人の音楽だってお茶の間に入ることができるようになって、今のブラック・ミュージックがあり、モータウン・レーベルも進出できたのではないですか?」

 マイケルは首を縦に振らない。

「十分ではありません。僕たちが置かれている立場は決して十分ではないのです。ご覧なさい、肌の黒いスーパーマンはいますか? 肌の黒いピーターパンはいますか?」

 そういわれて絶句してしまった。その通りだと思ったからだ。

※週刊朝日 2012年6月8日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい