福島第一原発の最高幹部が語る「原発爆発の真実」 地震直後から書き残したメモ●3 血の気がひいた瞬間 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

福島第一原発の最高幹部が語る「原発爆発の真実」 地震直後から書き残したメモ●3 血の気がひいた瞬間

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#原発

 福島第一原発で事故対応にあたった最高幹部の一人が取材に応じた。最高幹部は地震直後からメモを書き残していた。そのメモをもとに、当時を振り返った。
 突然、ゴゴッと大きな音が聞こえてきた。余震なのかと思った。すると、しばらくして、作業員2~3人があわてて飛び込んできて、「津波がきている」と叫んだ。
 部屋にいた面々は、駆け足でおりて、建物の外に出て、海を見下ろした。高く大きな津波が原子力発電所をのみこもうとしていた。みるみるうちに、何台もの車が流されていき、大きなタンクのようなものが波間に浮いているのが見えた。
 とんでもないことが起きるんじゃないか。体が震えた。
 室内には怒号に似た声が飛び交った。
「1号機、水位がわからないぞ」「2号機もだめだっ」「電源トリップ(停止)」「発電機がやられた」「2号機、再起動したが、トリップで注水できません」
 当時のメモにはこうある。
〈血の気、ひく〉
 頭によぎったのは、「全交流電源喪失=ブラックアウト」だった。

*今西憲之+週刊朝日取材班著『最高幹部の独白~福島原発の真実』より抜粋

週刊朝日


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい