3・11黙祷 勝手にズラした相撲協会の不見識な"事情"

2012/03/21 07:49

 3月11日午後2時46分―――未曽有(みぞう)の大震災で犠牲となった人々への鎮魂と、被災地の復興を祈り、全国各地で多くの人が黙祷した。だが、「八百長問題」以来2年ぶりに開催された大相撲では、なぜかその瞬間、普通に取組が進んでいた。そして、およそ30分後、黙祷は"時間差"でようやく実施されたのだ。

あわせて読みたい

  • 貴乃花親方の“自爆テロ”の勝算と相撲協会の誤算

    貴乃花親方の“自爆テロ”の勝算と相撲協会の誤算

    週刊朝日

    9/30

    揺れ続ける角界 相撲ファンに希望は「のこった」?

    揺れ続ける角界 相撲ファンに希望は「のこった」?

    AERA

    12/30

  • 追悼2015 旅立つ人へ

    追悼2015 旅立つ人へ

    12/11

    夫人が協会葬を拒否? 千代の富士引退後の「光と影」

    夫人が協会葬を拒否? 千代の富士引退後の「光と影」

    週刊朝日

    8/10

  • 脳神経外科医が絶賛する「土俵で救命」女性の神対応 くも膜下出血の怖さとは?

    脳神経外科医が絶賛する「土俵で救命」女性の神対応 くも膜下出血の怖さとは?

    dot.

    4/6

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す