田原総一朗氏 「橋下-石原ラインにイメージもビジョンも見えてこない」 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

田原総一朗氏 「橋下-石原ラインにイメージもビジョンも見えてこない」

連載「ギロン堂」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 先の選挙で圧勝し、自身の「大阪都構想」実現へ向けて、一歩前進した橋下徹大阪市長。1月末の討論番組「朝まで生テレビ!」では、反橋下派と議論を交わしたが、舌鋒鋭く持論を展開する氏に軍配が上がった印象だった。しかし、同番組の司会者であるジャーナリスト・田原総一朗氏はこうした橋下氏の強さを評価する半面、彼の危うさも指摘する。

 問題は、橋下氏が衆院選への候補者を300人も擁立し、200議席を獲得しようと意気込んでいること。河村たかし名古屋市長の「減税日本」、さらには東京の石原慎太郎都知事などと組んで、日本を変えることを画策しているようだが、橋下市長が打ち上げている政策は、石原都知事の姿勢とは異なるというのだ。
 
 たとえば、橋下市長は脱原発で、消費増税に反対しているのに対し、石原都知事は原発反対ではなく、消費増税を認めている。さらに、石原都知事は「新党を作るとすれば、核武装を提唱することが前提だ」と言い切っている。

 田原氏は「朝まで生テレビ!」で、この点について橋下市長に何度も問いただしたが、どの質問にも明快に答える橋下市長が、慎重な口ぶりで「答えられない」と言った。

「橋下-石原ラインが日本をどんな国にしようとしているのか、イメージもビジョンも見えてこない。だから危険であり、興味をそそられるのだが」(田原氏)

※週刊朝日2012年2月17日号


週刊朝日


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

田原総一朗

田原総一朗(たはら・そういちろう)/1934年、滋賀県生まれ。60年、早稲田大学卒業後、岩波映画製作所に入社。64年、東京12チャンネル(現テレビ東京)に開局とともに入社。77年にフリーに。テレビ朝日系『朝まで生テレビ!』『サンデープロジェクト』でテレビジャーナリズムの新しい地平を拓く。98年、戦後の放送ジャーナリスト1人を選ぶ城戸又一賞を受賞。早稲田大学特命教授を歴任する(2017年3月まで)。 現在、「大隈塾」塾頭を務める。『朝まで生テレビ!』(テレビ朝日系)、『激論!クロスファイア』(BS朝日)の司会をはじめ、テレビ・ラジオの出演多数

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい