写真・図版 | 不妊治療、70歳定年制から見えてくる「少子高齢化」への「待ったなし」の状況〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

不妊治療、70歳定年制から見えてくる「少子高齢化」への「待ったなし」の状況 1/2

小泉正典dot.

不妊治療は、一部の女性不妊、男性不妊の治療に対して健康保険の適用が認められているが、「特定不妊治療」は自由診療となり、総額300万円を超えるような高額な費用負担を必要とする

不妊治療は、一部の女性不妊、男性不妊の治療に対して健康保険の適用が認められているが、「特定不妊治療」は自由診療となり、総額300万円を超えるような高額な費用負担を必要とする

[ヘルスの記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい