写真・図版 | “遺伝子を改変”でがん治療する「CAR-T」 転移したがんにも効果期待〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

トップ AERA 記事 写真・図版

“遺伝子を改変”でがん治療する「CAR-T」 転移したがんにも効果期待 2/2

このエントリーをはてなブックマークに追加
山本大輔AERA#がん

これは遺伝子治療やゲノム編集の道具を肝臓に運ぶカプセルのような役割を果たす。ほぼ毎週、作っているという。ピンク色の液体は培養液(撮影/高井正彦)

これは遺伝子治療やゲノム編集の道具を肝臓に運ぶカプセルのような役割を果たす。ほぼ毎週、作っているという。ピンク色の液体は培養液(撮影/高井正彦)

[ヘルスの記事写真をもっと見る]

記事に戻る


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加