写真・図版 | 写真家・立木義浩が「すごい」と直感したピッツァ〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

写真家・立木義浩が「すごい」と直感したピッツァ 2/2

このエントリーをはてなブックマークに追加
菊地武顕週刊朝日

マルゲリータピッツァは、クリスピーなローマタイプ。直径は36cmもあるが、女性ひとりでもあっという間に食べられる。「ナポリピッツァが500℃で一気に焼くのに対して、ローマでは300℃で時間をかけて水分を蒸発させながら焼くんです。粉の量はナポリの3分の2しかないけれど、表面積はこちらのほうが大きい。その分だけ具材を楽しめるし、ヘルシーなんですよ」(オーナーシェフの松本賢悟氏)。1280円。税別(撮影/写真部・岸本絢)

マルゲリータ
ピッツァは、クリスピーなローマタイプ。直径は36cmもあるが、女性ひとりでもあっという間に食べられる。「ナポリピッツァが500℃で一気に焼くのに対して、ローマでは300℃で時間をかけて水分を蒸発させながら焼くんです。粉の量はナポリの3分の2しかないけれど、表面積はこちらのほうが大きい。その分だけ具材を楽しめるし、ヘルシーなんですよ」(オーナーシェフの松本賢悟氏)。1280円。税別(撮影/写真部・岸本絢)

[教育の記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい