写真・図版 | 落語を“三次元”で検証 そこから見えた大きな流れ〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

トップ AERA 記事 写真・図版

落語を“三次元”で検証 そこから見えた大きな流れ 

このエントリーをはてなブックマークに追加
矢内裕子AERA

ひろせ・かずお◆1960年生まれ。音楽誌「BURRN!」編集長。落語評論家。学生時代から寄席通いを続け、ほぼ毎日、生の高座に接している。著書に『この落語家を聴け!』『噺家のはなし』『落語評論はなぜ役に立たないのか』など(撮影/山本倫子)

ひろせ・かずお◆1960年生まれ。音楽誌「BURRN!」編集長。落語評論家。学生時代から寄席通いを続け、ほぼ毎日、生の高座に接している。著書に『この落語家を聴け!』『噺家のはなし』『落語評論はなぜ役に立たないのか』など(撮影/山本倫子)

[エンタメの記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい