写真・図版 | パラリンピックメダリストは、どうやって義足の恐怖心を克服したのか?〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

トップ AERA 記事 写真・図版

パラリンピックメダリストは、どうやって義足の恐怖心を克服したのか? 3/3

このエントリーをはてなブックマークに追加
深澤友紀AERA#リオ・パラリンピック

パラサイクリング(C3)/藤田征樹(ふじた・まさき、31)/日立建機/北海道稚内市出身。19歳のときに交通事故で両足のひざから下を失う。2年後義足をつけてトライアスロンに挑戦。パラリンピックは北京、ロンドンで計四つのメダル。15年ロード世界選手権で優勝 (c)朝日新聞社

パラサイクリング(C3)/藤田征樹(ふじた・まさき、31)/日立建機/北海道稚内市出身。19歳のときに交通事故で両足のひざから下を失う。2年後義足をつけてトライアスロンに挑戦。パラリンピックは北京、ロンドンで計四つのメダル。15年ロード世界選手権で優勝 (c)朝日新聞社

[スポーツの記事写真をもっと見る]

記事に戻る


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい