写真・図版 | パラリンピックメダリストは、どうやって義足の恐怖心を克服したのか?〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

トップ AERA 記事 写真・図版

パラリンピックメダリストは、どうやって義足の恐怖心を克服したのか? 1/3

このエントリーをはてなブックマークに追加
深澤友紀AERA#リオ・パラリンピック

陸上(T42/義足・大腿切断)短距離、走り幅跳び/山本篤(やまもと・あつし、33)/スズキ浜松アスリートクラブ/静岡県掛川市出身。17歳のときのバイク事故で左太ももを切断。大阪体育大学大学院博士課程単位取得退学。走り幅跳びで2008年北京パラリンピック銀メダル、13年、15年IPC陸上世界選手権2連覇 (c)朝日新聞社

陸上(T42/義足・大腿切断)短距離、走り幅跳び/山本篤(やまもと・あつし、33)/スズキ浜松アスリートクラブ/静岡県掛川市出身。17歳のときのバイク事故で左太ももを切断。大阪体育大学大学院博士課程単位取得退学。走り幅跳びで2008年北京パラリンピック銀メダル、13年、15年IPC陸上世界選手権2連覇 (c)朝日新聞社

[スポーツの記事写真をもっと見る]

記事に戻る


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい