「入社1年目でお茶くみを拒否したら全女性が敵に」均等法第一世代の女性を定年まで苦しめたものの正体

「あなたはお茶いらないわよねぇ?」幼稚な嫌がらせが続いた

2022/11/04 10:55

 均等法第一世代の女性たちが定年を迎える年齢に達している。この法律は、女性に何をもたらしたのか。窪田礼子さん(仮名)は男女雇用機会均等法が制定された1985年に就職。入社1年目にお茶くみの廃止と制服の撤廃をやってのけた。女性の負担を和らげると信じて実行したことだったが、かえって女性から批判を受けることになった――(1回目/全2回)。

あわせて読みたい

  • 「どのカテゴリーにも所属しない人」女性総合職一期生のリアル

    「どのカテゴリーにも所属しない人」女性総合職一期生のリアル

    AERA

    4/21

    「男女雇用機会均等法」世代が語る“壁” 女性活躍社会の実現は無理なのか

    「男女雇用機会均等法」世代が語る“壁” 女性活躍社会の実現は無理なのか

    週刊朝日

    5/20

  • 東大卒で“あえて一般職”を選択 その理由に潜む現代女性のリアル

    東大卒で“あえて一般職”を選択 その理由に潜む現代女性のリアル

    AERA

    7/20

    自分から「お茶くみ」する“東大卒一般職女子”のしたたかな生き方

    自分から「お茶くみ」する“東大卒一般職女子”のしたたかな生き方

    AERA

    7/20

  • 働く女性には2万円の“使途不明金”? 均等法世代の「定年女子」がやるべき老後の備え

    働く女性には2万円の“使途不明金”? 均等法世代の「定年女子」がやるべき老後の備え

    dot.

    3/24

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す