かつて「秘境」呼ばれた雪国の山奥で行われている伝統的なクマ猟

 冬の時期、ツキノワグマは太い木や岩にあいた穴の中にこもっています。岐阜県北部の飛騨地方では、冬眠している穴からクマを追い出して、目に前に達したのを鉄砲で撃つ、伝統的なクマ猟が行われています。その様子を撮影した写真家・西野嘉憲さんの作品を紹介します。

【関連記事】
至近距離でツキノワグマを撃ち抜く緊迫の現場 豪雪地帯の「狩猟民」を追った写真家・西野嘉憲

あわせて読みたい

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す