神戸の下町工場で己の腕一つで生き抜いてきた職人たちの姿|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

神戸の下町工場で己の腕一つで生き抜いてきた職人たちの姿

 神戸市長田区は昔からケミカルシューズや鉄鋼製品の生産が盛んな地域。1995年の阪神・淡路大震災で大きな被害を受けましたが、この土地に踏みとどまり続ける鉄工所がまだいくつもあります。そんな鉄工所で長年、黙々と己の技を磨き、製品づくりに打ち込んできた職人たちの姿を写してきた写真家・長谷川佳江さんの作品を紹介します。

【関連記事】
自分の腕一本で生きる「ラストサムライ」たちを写した写真家・長谷川佳江


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい