【写真特集】ファンが選んだ!「平成で最もカッコいいバッティングフォームは?」

巨人・坂本勇人/今回の取材で最も多くのファンが名前をあげていた坂本。野球をはじめて間もない小学生は「打率を残せるってことは良いスイングってことだから、お手本にしています」と語った。内角打ちは天才的といわれている (c)朝日新聞社
>>続いて「腕が吹っ飛びそうになるスイングがカッコイイ」といわれた選手はこちら
ソフトバンク・柳田悠岐/巨人の坂本と同じく、多くの票を集めた柳田。野球部に所属する中学生は「腕が吹っ飛びそうになるスイングがカッコイイ。三振したとしても見る価値がある」と語った (c)朝日新聞社
>>続いて、今大注目!「理想的なスイング」と絶賛が相次いだ選手はこちら
エンゼルス・大谷翔平/「長打も打てるし、逆方向にも打てるし、軸がブレない。理想的なスイング」と大谷のバッティングフォームにも多くの票が集中 (c)朝日新聞社
>>続いて、移籍がきっかけ?「フォロースルーがかっこいい」といわれた選手はこちら
日ハム・大田泰示/意外と人気だったのが日ハム・大田。「フォロースルーがかっこいい」「移籍してからホームランアーティストのような貫禄が出てきた」などの意見があった (c)朝日新聞社
>>続いて、NPB通算打率1位はダテじゃない!職人のようなスタイルが人気な選手はこちら
ヤクルト・青木宣親/NPB通算打率1位はダテじゃない。「毎年、バットの重さ、スタンスの広さなど、バッティングフォームを少しずつ変えて、試行錯誤しているのが職人のよう」「クネクネしたタイミングの取り方がけっこう好き」などの意見があった (c)朝日新聞社
>>続いて、イチローが天才と称した男にも多くの票が!
広島で活躍した前田智徳/「基本に忠実なバッティングフォーム。見習いたくて、野球中継を録画して、スロー再生にして勉強した」など。イチローが天才と称した男にも多くの票が集まる。 (c)朝日新聞社
>>続いて、40、50代以上の野球ファンから圧倒的な人気があったのはこちらの選手!
ロッテ、中日、巨人などで活躍した落合博満/やはり特徴的なバッティングフォームといえば落合の神主打法。40、50代以上の野球ファンからの意見が多かった (c)朝日新聞社

あわせて読みたい

  • イチローが「本当の天才」と言った男とは

    イチローが「本当の天才」と言った男とは

    週刊朝日

    10/3

     落合博満の“予言”的中率が、えげつないことになっている

    落合博満の“予言”的中率が、えげつないことになっている

    dot.

    7/25

  • 「平成で最もカッコいいバッティングフォームは?」意外な人気は超個性的なガニ股打法

    「平成で最もカッコいいバッティングフォームは?」意外な人気は超個性的なガニ股打法

    dot.

    5/24

    「ここからの勇人は見もの」巨人・坂本、コロナ感染を糧にさらなる成長の“予感”

    「ここからの勇人は見もの」巨人・坂本、コロナ感染を糧にさらなる成長の“予感”

    dot.

    6/4

  • 丸vs.坂本、巨人は3番打者が2人 打順問題で原監督采配の吉凶

    丸vs.坂本、巨人は3番打者が2人 打順問題で原監督采配の吉凶

    週刊朝日

    4/3

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す