【写真特集】没後30年 週刊朝日で広げられた開高健の地図|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【写真特集】没後30年 週刊朝日で広げられた開高健の地図

このエントリーをはてなブックマークに追加

1989年12月9日に死去した開高健は、芥川賞を受賞した直後の若き頃、先輩作家に「小説だけでなく、ルポを書きなさい」と助言を受けた。それに導かれるように、33歳頃から本誌に、「ずばり東京」「ずばり海外版」「もっと遠く!」「もっと広く!」と精力的にルポの執筆をする。取材中の開高に同行したカメラマンと記者が撮影した写真を再録する。

写真=朝日新聞社 文=工藤早春(本誌)

【関連記事】
開高健“没後30年” 芥川賞受賞後にルポを書き始めたワケ

週刊朝日  2019年12月20日号


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい