朝ドラ「まれ」のスイーツが味わえる 石川・能登半島を走る観光列車|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

朝ドラ「まれ」のスイーツが味わえる 石川・能登半島を走る観光列車

このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビなどでも紹介され話題となっている、のと鉄道が運航する観光列車「のと里山里海号」。金沢市から電車や車で約1時間の七尾市から穴水町までを走るこの列車では、穏やかで美しい七尾湾の風景を見ながら、車内で特別なスイーツを味わうことができる。そのスイーツを手がけるのは、七尾市の出身で、NHKの朝ドラ「まれ」の製菓指導を行っているパティシエ・辻口博啓さんだ。スイーツだけでなく、世界農業遺産でもあるのどかな風景も楽しめる、のと里山里海号を写真で紹介する。

 

【関連記事】

シルバーウィーク 金沢に行くならぜひ乗りたい話題の観光列車とは?