「甲子園2023」に関する記事一覧

【2023年8月に読まれた記事①】慶応高校丸田湊斗選手が甲子園の「美白王子」と話題 「なぜここまで美白?」に男性美容研究家の答えは
【2023年8月に読まれた記事①】慶応高校丸田湊斗選手が甲子園の「美白王子」と話題 「なぜここまで美白?」に男性美容研究家の答えは

まもなく暮れる2023年を、AERA dot.で読まれた記事で振り返ります。8月は、夏の甲子園で慶応が107年ぶりに全国制覇。日大アメフト部では、大麻などを隠し持っていたとして部員が逮捕され、その後問題が拡大していきました。また、東京電力福島第一原発の処理水の海洋放出が始まりました。AERA dot.では、甲子園で「美白王子」と話題になった慶応の選手の記事「慶応高校丸田湊斗選手が甲子園の『美白王子』と話題 『なぜここまで美白?』に男性美容研究家の答えは」が読まれました(肩書や年齢等は配信時のまま)。

dot.
真夏の甲子園を彩った球児たち 今大会最注目選手の花巻東・佐々木麟太郎は3割7分5厘の結果に
秦正理 秦正理
真夏の甲子園を彩った球児たち 今大会最注目選手の花巻東・佐々木麟太郎は3割7分5厘の結果に
頂点には届かずとも球児たちは最高の舞台で躍動し、印象的な活躍を見せた。表情豊かに誰よりも熱く、そして敗戦の涙すら清々しい。第105回全国高校野球選手権記念大会で心を揺さぶったヒーローたちを紹介する。AERA2023年9月4日号より。
高校野球甲子園2023
AERA 8/31
甲子園決勝で戦った慶応・仙台育英から活躍選手6人 慶応エースは完封勝利も
秦正理 秦正理
甲子園決勝で戦った慶応・仙台育英から活躍選手6人 慶応エースは完封勝利も
107年ぶりに夏の甲子園優勝を果たした慶応(神奈川)と、惜しくも連覇を逃した仙台育英(宮城)。2校から特に印象的なプレーを見せた6人の選手たちをその活躍と共に振り返る。AERA2023年9月4日号より。
高校野球甲子園2023
AERA 8/29
慶応、107年ぶりの夏の甲子園優勝 高校野球に新時代到来の予感
秦正理 秦正理
慶応、107年ぶりの夏の甲子園優勝 高校野球に新時代到来の予感
猛暑の中での開催となった第105回全国高校野球選手権記念大会。連日の熱戦の末、神奈川代表の慶応義塾高校の優勝で幕を閉じた。AERA2023年9月4日号より。
慶応高校野球甲子園2023
AERA 8/29
【8/19-8/25】週間ランキング~話題を独占した「清原親子」の甲子園
【8/19-8/25】週間ランキング~話題を独占した「清原親子」の甲子園
みなさん、週末をいかがお過ごしでしょうか。この一週間でAERAdot.で読まれた記事をランキング形式で紹介します。今回のランキングは、実は二つのテーマに記事が絞られました。皇室と甲子園です。早速5位から紹介していきます。
週間ランキング甲子園2023慶応高校皇室 あのとき
dot. 8/27
【甲子園HEROES 2023】写真で振り返る決勝(8月23日)
【甲子園HEROES 2023】写真で振り返る決勝(8月23日)
第105回全国高等学校野球選手権大会。数多くの名勝負が繰り広げられた「高校野球の聖地」で、今年はどんなドラマが生まれたのか。8月23日に行われた決勝を振り返る。
甲子園2023高校野球
dot. 8/25
佐々木麟太郎「今のままでは通用しない」との声もプロからは高評価 「土台から直せば三冠王も狙える」
今川秀悟 今川秀悟
佐々木麟太郎「今のままでは通用しない」との声もプロからは高評価 「土台から直せば三冠王も狙える」
高校通算歴代最多の通算138本塁打をマークした花巻東・佐々木麟太郎の最後の夏は、不完全燃焼に終わった。
佐々木麟太郎花巻東甲子園2023
dot. 8/25
【佐々木亨 甲子園の風景】慶応、甲子園を呑み込む大応援 全員の力で「大願成就」
【佐々木亨 甲子園の風景】慶応、甲子園を呑み込む大応援 全員の力で「大願成就」
バックスクリーンの大会旗が左翼側から右翼側へ、激しくはためく。  決勝の風は、いつもの浜風とは違った。  
高校野球甲子園2023慶応
AERA 8/24
甲子園は“清原家”のためにある? 高校野球大好き芸人いけだてつやさん「伝説が完成した」
國府田英之 國府田英之
甲子園は“清原家”のためにある? 高校野球大好き芸人いけだてつやさん「伝説が完成した」
「清原って名前だけで球場全体がワァーッて……」。元プロ野球選手の清原和博さんと、次男・勝児選手の親子での優勝を興奮気味に振り返るのは、甲子園で慶応の全試合を生観戦したという高校野球大好き芸人のいけだてつやさん。勝児選手は今大会はすべて代打で無安打に終わったが、いけださんが肌で感じたのは、登場するだけで甲子園の雰囲気を一変させ、何かを持っていると感じさせる異色の存在感だ。
清原勝児慶応甲子園2023
dot. 8/24
サラサラと風になびく髪、「美白」の選手 甲子園をわかせた慶応が107年ぶりの優勝
サラサラと風になびく髪、「美白」の選手 甲子園をわかせた慶応が107年ぶりの優勝
第105回全国高校野球選手権記念大会は23日に決勝があり、慶応(神奈川)が8―2で仙台育英(宮城)を破り、前身の慶応普通部が初出場で優勝した第2回(1916年)以来、107年ぶり2度目の全国制覇を果たしました。神奈川大会、そして甲子園での激闘とともに注目されたのは、個性豊かなチームと選手たち。その話題をまとめました。
高校野球甲子園2023
dot. 8/23
慶応高「清原勝児」にプロスカウトが“意外な評価” 「ネックとなるのは身長ではない」
今川秀悟 今川秀悟
慶応高「清原勝児」にプロスカウトが“意外な評価” 「ネックとなるのは身長ではない」
「脱丸刈り」が話題となっている今年の夏の甲子園。慶応、土浦日大、花巻東など強豪校を筆頭に代表校49校のうち7校が、部の規則で髪形を丸刈りと定めていない。
慶応甲子園清原勝児甲子園2023
dot. 8/23
【甲子園HEROES 2023】写真で振り返る準決勝(8月21日)
【甲子園HEROES 2023】写真で振り返る準決勝(8月21日)
第105回全国高等学校野球選手権大会。数多くの名勝負が繰り広げられた「高校野球の聖地」で、今年はどんなドラマが生まれたのか。8月21日に行われた準決勝を振り返る。
甲子園2023
dot. 8/22
【佐々木亨 甲子園の風景】仙台育英-慶応 今春のセンバツでの対戦を糧に「特別な夏」へ
【佐々木亨 甲子園の風景】仙台育英-慶応 今春のセンバツでの対戦を糧に「特別な夏」へ
『KEIO』と『IKUEI』。  胸にしたためられた英字の違いはあれども、グレーを基調としたユニフォームはそっくりだ。もともとは、慶応の伝統あるユニフォームを模範に、現在の仙台育英のそれは作られたものだという。ただ、今夏のチームに限って言えば、「模範」と言うべきか、目指すべき相手を仙台育英と定めて突き進んできたのは慶応のほうだった。  
高校野球甲子園2023
AERA 8/22
この話題を考える
医師676人のリアル

医師676人のリアル

すべては命を救うため──。朝から翌日夕方まで、36時間の連続勤務もざらだった医師たち。2024年4月から「働き方改革」が始まり、原則、時間外・休日の労働時間は年間960時間に制限された。いま、医療現場で何が起こっているのか。医師×AIは最強の切り札になるのか。患者とのギャップは解消されるのか。医師676人に対して行ったアンケートから読み解きます。

あの日を忘れない

あの日を忘れない

どんな人にも「忘れられない1日」がある。それはどんな著名な芸能人でも変わらない。人との出会い、別れ、挫折、後悔、歓喜…AERA dot.だけに語ってくれた珠玉のエピソード。

インタビュー
国際女性デー

国際女性デー

3月8日は国際女性デー。AERA dot. はこの日に合わせて女性を取り巻く現状や課題をレポート。読者とともに「自分らしい生き方、働き方、子育て」について考えます。

国際女性デー
慶応高校丸田湊斗選手が甲子園の「美白王子」と話題 「なぜここまで美白?」に男性美容研究家の答えは
慶応高校丸田湊斗選手が甲子園の「美白王子」と話題 「なぜここまで美白?」に男性美容研究家の答えは
夏の甲子園大会は、1920年以来、103年ぶりの4強進出を決めた慶応(神奈川)が土浦日大(茨城)との関東勢対決に挑み、2-0で決勝へと駒を進めた。今大会の慶応高校といえば、話題のひとつは「脱坊主」のさらさらヘアと肌の白さだ。なぜ、ここまで美白なのか? 男性美容研究家・藤村岳さんに話を聞いた。
丸田湊斗選手慶應高校美白王子甲子園2023
dot. 8/22
【佐々木亨 甲子園の風景】準々決勝・仙台育英-花巻東 「麟太郎に回そう」ベンチ入り全員を起用した花巻東の意地
【佐々木亨 甲子園の風景】準々決勝・仙台育英-花巻東 「麟太郎に回そう」ベンチ入り全員を起用した花巻東の意地
甲子園球場を覆う銀傘の影が押し寄せるマウンドで、仙台育英の背番号10が右腕に力を込める。
甲子園2023高校野球
AERA 8/21
【夏の甲子園】出場校の監督で多い出身大学ランキング 1位は日本体育大、2位は東北福祉大、専修大、東海大
【夏の甲子園】出場校の監督で多い出身大学ランキング 1位は日本体育大、2位は東北福祉大、専修大、東海大
全国高校野球選手権大会の熱戦が繰り広げられている。あたりまえの話だが、甲子園出場校の野球はうまい。レベルが違いすぎる。そんなチームの指揮をとっている野球部監督に注目し、出身大学、出身高校を調べてみた(「甲子園2023 第105回全国高校野球選手権記念大会」AERA 23年8月15日増刊/朝日新聞出版から集計)。高校野球指導者=「監督さん」はどんな野球人生を送ってきたのか。
甲子園2023高校野球ランキング
dot. 8/16
1
カテゴリから探す
ニュース
〈先週に読まれた記事ピックアップ〉「対話ができない男」石丸伸二ができるまで 安芸高田市議が証言「就任当初は攻撃的ではなかったのに…」
〈先週に読まれた記事ピックアップ〉「対話ができない男」石丸伸二ができるまで 安芸高田市議が証言「就任当初は攻撃的ではなかったのに…」
石丸伸二
dot. 1時間前
教育
思いがけず不倫の当事者になってしまった50歳女性に、鴻上尚史が「やり過ごさない方がいい」と伝えた真意
思いがけず不倫の当事者になってしまった50歳女性に、鴻上尚史が「やり過ごさない方がいい」と伝えた真意
鴻上尚史
dot. 16時間前
エンタメ
〈先週に読まれた記事ピックアップ〉医師の鬼・珠世はなぜ「鬼を人間に戻す薬」をつくったのか 鬼舞辻無惨への“憎しみ”の先にあるもの
〈先週に読まれた記事ピックアップ〉医師の鬼・珠世はなぜ「鬼を人間に戻す薬」をつくったのか 鬼舞辻無惨への“憎しみ”の先にあるもの
無限城編
dot. 1時間前
スポーツ
〈先週に読まれた記事ピックアップ〉トラウトの“えげつなさ”際立つ、大谷は“ほぼ確実”か MLB現役選手「未来の殿堂入り」は誰だ
〈先週に読まれた記事ピックアップ〉トラウトの“えげつなさ”際立つ、大谷は“ほぼ確実”か MLB現役選手「未来の殿堂入り」は誰だ
メジャーリーグ
dot. 1時間前
ヘルス
パリ五輪の選手村でもコンドーム配布 性的健康キャンペーンの意義とは? 山本佳奈医師
パリ五輪の選手村でもコンドーム配布 性的健康キャンペーンの意義とは? 山本佳奈医師
パリオリンピック
dot. 1時間前
ビジネス
〈あのときの話題を「再生」〉誰も居ないコロナ禍の空港で、8年連続「清潔さ世界一」獲得の立役者である清掃人がはじめたこと
〈あのときの話題を「再生」〉誰も居ないコロナ禍の空港で、8年連続「清潔さ世界一」獲得の立役者である清掃人がはじめたこと
世界一清潔な空港の清掃人
dot. 1時間前