「サンタクロース」に関する記事一覧

十字架で処刑中に“人生大逆転” キリストの言葉で天国行きが確定した「善良な強盗」
十字架で処刑中に“人生大逆転” キリストの言葉で天国行きが確定した「善良な強盗」

西暦30年4月7日、イエス・キリストはエルサレムの外れにあるゴルゴタの丘で、十字架に磔にされた。その時、共に磔刑をうけていた強盗のうちの一人が「お前が本当に救世主なら、自分と俺たちを救ってみせろ!」とイエスに汚い言葉を浴びせた。それを制したもう一人の強盗・ディスマスに、イエスが天国行きを確約したことで“例外的に”聖人認定され、のちに「善良な強盗」という称号で呼ばれることになった。強盗の罪を犯し処刑されながら、聖人となって人生を大逆転させた男は、歴史上ほかに見つけられない。清涼院流水氏の新著『どろどろの聖人伝』(朝日新書)では、さまざまな聖人伝の中で、磔になってからのイエス・キリストの奇跡についても書かれている。同著から一部を抜粋、再編集し、紹介する。

dot.
“サンタクロース”はキレて投獄されていた 隣人にこっそりお金を配っていた「聖人」
清涼院流水 清涼院流水
“サンタクロース”はキレて投獄されていた 隣人にこっそりお金を配っていた「聖人」
サンタクロースは、4世紀前半、トルコ南西部の教会で司教を務めていたニコラウスという人物が元となっている。裕福で、莫大な財産をもっていたニコラウスは、貧しい隣人の家に金塊を投げ入れた元祖「お金配りおじさん」だった。クリスマスと並んで日本人でも広く知られているのはバレンタインデーだが、こちらにも元になったイタリア人司祭がいた。清涼院流水氏の新著『どろどろの聖人伝』(朝日新書)では、キリスト教国で親しまれている聖人伝が書かれている。同著から一部を抜粋、再編集し、“サンタクロース”と“ヴァレンタイン”について紹介する。
どろどろの聖人伝サンタクロースクリスマスバレンタインデー
dot. 11/23
この話題を考える
あの日を忘れない

あの日を忘れない

どんな人にも「忘れられない1日」がある。それはどんな著名な芸能人でも変わらない。人との出会い、別れ、挫折、後悔、歓喜…AERA dot.だけに語ってくれた珠玉のエピソード。

インタビュー
国際女性デー

国際女性デー

3月8日は国際女性デー。AERA dot. はこの日に合わせて女性を取り巻く現状や課題をレポート。読者とともに「自分らしい生き方、働き方、子育て」について考えます。

国際女性デー
高たんぱくダイエット

高たんぱくダイエット

会食の機会も増え、体重の増加が気になる季節。帳尻を合わせるために、極端なダイエットに走る必要はもうありません。 調理時間10分以内、安くておいしいお鍋なら、かんたんに体重オフ、健康パワーもアップできます。 気になるノウハウに加え、一生使えるAERAオリジナルレシピまでを網羅しました。

高たんぱくダイエット
1
カテゴリから探す
ニュース
曙さんの格闘家への転身を口説いて支えた立役者らが追悼 「 相撲なら押し出しで勝っていた(笑)」
曙さんの格闘家への転身を口説いて支えた立役者らが追悼 「 相撲なら押し出しで勝っていた(笑)」
dot. 17時間前
教育
この茶トラ、1年生のお手本です「信号は右手を挙げて渡りましょうね!」【沖昌之】
この茶トラ、1年生のお手本です「信号は右手を挙げて渡りましょうね!」【沖昌之】
沖昌之
AERA 11時間前
エンタメ
〈お笑い向上委員会きょう〉M-1敗者復活2位の令和ロマンの快進撃は続く?「行こうぜ、あの壁の向こう側へ!」【2023年の顔】
〈お笑い向上委員会きょう〉M-1敗者復活2位の令和ロマンの快進撃は続く?「行こうぜ、あの壁の向こう側へ!」【2023年の顔】
週刊朝日 5時間前
スポーツ
〈ドッキリGPきょう〉お金大好きなクロちゃんが語る「大谷翔平」の年俸制 「10年1000億」の契約は絶対にモチベーションが下がる!
〈ドッキリGPきょう〉お金大好きなクロちゃんが語る「大谷翔平」の年俸制 「10年1000億」の契約は絶対にモチベーションが下がる!
クロちゃん
dot. 9時間前
ヘルス
〈「月曜から夜ふかし」きょう出演〉桐谷広人さん伝授「今だから言える! 株主優待を受けたほうがいい本当の理由」
〈「月曜から夜ふかし」きょう出演〉桐谷広人さん伝授「今だから言える! 株主優待を受けたほうがいい本当の理由」
桐谷広人
dot. 4/8
ビジネス
「コロナ禍をチャンスに変えて」三陽商会を黒字化に導いた戦略 株式会社三陽商会・大江伸治代表取締役社長
「コロナ禍をチャンスに変えて」三陽商会を黒字化に導いた戦略 株式会社三陽商会・大江伸治代表取締役社長
ニッポンの社長
dot. 4/12