野上祐

野上祐

(のがみ・ゆう)

プロフィール

1972年生まれ。96年に朝日新聞に入り、仙台支局、沼津支局、名古屋社会部を経て政治部に。福島総局で次長(デスク)として働いていた2016年1月、がんの疑いを指摘され、翌月手術。現在は闘病中
書かずに死ねるか――「難治がん」と闘う記者 がんと闘う記者

野上祐の記事一覧

「野上は目が細い。」記者面接での男子学生の文章から見えた「記者」という仕事 難治がんの記者が振り返る
「野上は目が細い。」記者面接での男子学生の文章から見えた「記者」という仕事 難治がんの記者が振り返る
うまくいかなかった2度の手術。「もう完全に治ることはない」と医師は言った。「1年後の生存率1割」を覚悟して始まったがん患者の暮らしは3年目。46歳の今、思うことは……。2016年にがんの疑いを指摘された朝日新聞の野上祐記者の連載「書かずに死ねるか」。今回は「記者の目」について。
がん書かずに死ねるか病気野上祐
dot. 6/16
監視社会の中国では忘れ物がちゃんと見つかる? 難治がんの記者が感じた「自由」の意味
監視社会の中国では忘れ物がちゃんと見つかる? 難治がんの記者が感じた「自由」の意味
うまくいかなかった2度の手術。「もう完全に治ることはない」と医師は言った。「1年後の生存率1割」を覚悟して始まったがん患者の暮らしは3年目。46歳の今、思うことは……。2016年にがんの疑いを指摘された朝日新聞の野上祐記者の連載「書かずに死ねるか」。今回は「忘れ物」と「言論の自由」について。
がん書かずに死ねるか病気野上祐
dot. 6/9
“言葉”から見えた政治家の「本気」と「持ち時間」 難治がんになった政治記者の視点
“言葉”から見えた政治家の「本気」と「持ち時間」 難治がんになった政治記者の視点
うまくいかなかった2度の手術。「もう完全に治ることはない」と医師は言った。「1年後の生存率1割」を覚悟して始まったがん患者の暮らしは3年目。45歳の今、思うことは……。2016年にがんの疑いを指摘された朝日新聞の野上祐記者の連載「書かずに死ねるか」。今回は政治家の「必死さ」について。 *  *  *
がん書かずに死ねるか病気野上祐
dot. 6/2
「難治がん」の記者 無信心の私が「宗教の存在が無意味ではない」と思う理由
「難治がん」の記者 無信心の私が「宗教の存在が無意味ではない」と思う理由
うまくいかなかった2度の手術。「もう完全に治ることはない」と医師は言った。「1年後の生存率1割」を覚悟して始まったがん患者の暮らしは3年目。45歳の今、思うことは……。2016年にがんの疑いを指摘された朝日新聞の野上祐記者の連載「書かずに死ねるか」。今回は宗教について。
がん書かずに死ねるか病気野上祐
dot. 5/26
「難治がん」の記者 「日本人に戦争をさせるのは簡単だ」と確信した“沈黙”の夜
「難治がん」の記者 「日本人に戦争をさせるのは簡単だ」と確信した“沈黙”の夜
うまくいかなかった2度の手術。「もう完全に治ることはない」と医師は言った。「1年後の生存率1割」を覚悟して始まったがん患者の暮らしは3年目。45歳の今、思うことは……。2016年にがんの疑いを指摘された朝日新聞の野上祐記者の連載「書かずに死ねるか」。今回は学生時代のある夜を振り返ります。
がん書かずに死ねるか病気野上祐
dot. 5/19
「難治がん」の記者 入院生活で考えた「まだ書き残していること」はなにか?
「難治がん」の記者 入院生活で考えた「まだ書き残していること」はなにか?
うまくいかなかった2度の手術。「もう完全に治ることはない」と医師は言った。「1年後の生存率1割」を覚悟して始まったがん患者の暮らしは3年目。45歳の今、思うことは……。2016年にがんの疑いを指摘された朝日新聞の野上祐記者の連載「書かずに死ねるか」。今回は「入院生活」を振り返ります。
がん書かずに死ねるか病気野上祐
dot. 5/12
「難治がん」の記者 7年前“赤坂の夜”の問いかけ「政治は被災者に応えているか」
「難治がん」の記者 7年前“赤坂の夜”の問いかけ「政治は被災者に応えているか」
うまくいかなかった2度の手術。「もう完全に治ることはない」と医師は言った。「1年後の生存率1割」を覚悟して始まったがん患者の暮らしは3年目。45歳の今、思うことは……。2016年にがんの疑いを指摘された朝日新聞の野上祐記者の連載「書かずに死ねるか」。今回は政治記者として"一線を越えた"3.11を振り返る。
がん書かずに死ねるか病気野上祐
dot. 5/5
「難治がん」の記者 「これで死ぬのかもしれない」緊急入院で湧き上がった思い
「難治がん」の記者 「これで死ぬのかもしれない」緊急入院で湧き上がった思い
うまくいかなかった2度の手術。「もう完全に治ることはない」と医師は言った。「1年後の生存率1割」を覚悟して始まったがん患者の暮らしは3年目。45歳の今、思うことは……。2016年にがんの疑いを指摘された朝日新聞の野上祐記者の連載「書かずに死ねるか」。今回は、突如襲った痛みと緊急入院のことをお伝えします。
がん書かずに死ねるか病気野上祐
dot. 4/28
「難治がん」の記者 今振り返る、政治記者として対峙した「3.11」
「難治がん」の記者 今振り返る、政治記者として対峙した「3.11」
うまくいかなかった2度の手術。「もう完全に治ることはない」と医師は言った。「1年後の生存率1割」を覚悟して始まったがん患者の暮らしは3年目。45歳の今、思うことは……。2016年にがんの疑いを指摘された朝日新聞の野上祐記者の連載「書かずに死ねるか」。今回は3.11を振り返る。
がん書かずに死ねるか病気野上祐
dot. 4/21
「難治がん」の記者 なぜ今、加計でも日報でもなく「戦争はいけない」なのか
「難治がん」の記者 なぜ今、加計でも日報でもなく「戦争はいけない」なのか
うまくいかなかった2度の手術。「もう完全に治ることはない」と医師は言った。「1年後の生存率1割」を覚悟して始まったがん患者の暮らしは3年目。45歳の今、思うことは……。2016年にがんの疑いを指摘された朝日新聞の野上祐記者の連載「書かずに死ねるか」。今回は「戦争はいけない」ということについて。
がん書かずに死ねるか病気野上祐
dot. 4/14
2 3 4 5 6
医師676人のリアル

医師676人のリアル

すべては命を救うため──。朝から翌日夕方まで、36時間の連続勤務もざらだった医師たち。2024年4月から「働き方改革」が始まり、原則、時間外・休日の労働時間は年間960時間に制限された。いま、医療現場で何が起こっているのか。医師×AIは最強の切り札になるのか。患者とのギャップは解消されるのか。医師676人に対して行ったアンケートから読み解きます。

あの日を忘れない

あの日を忘れない

どんな人にも「忘れられない1日」がある。それはどんな著名な芸能人でも変わらない。人との出会い、別れ、挫折、後悔、歓喜…AERA dot.だけに語ってくれた珠玉のエピソード。

インタビュー
国際女性デー

国際女性デー

3月8日は国際女性デー。AERA dot. はこの日に合わせて女性を取り巻く現状や課題をレポート。読者とともに「自分らしい生き方、働き方、子育て」について考えます。

国際女性デー
カテゴリから探す
ニュース
「都知事選後の『場外乱闘』続く 蓮舫氏『個人』の敵か味方かを議論するのは不健康」東浩紀
「都知事選後の『場外乱闘』続く 蓮舫氏『個人』の敵か味方かを議論するのは不健康」東浩紀
AERA 9時間前
教育
思いがけず不倫の当事者になってしまった50歳女性に、鴻上尚史が「やり過ごさない方がいい」と伝えた真意
思いがけず不倫の当事者になってしまった50歳女性に、鴻上尚史が「やり過ごさない方がいい」と伝えた真意
鴻上尚史
dot. 10時間前
エンタメ
〈さんま御殿きょう出演〉「やさぐれキャラ」全開でお茶の間に躍り出た芸人・ヒコロヒーの“超実力派”の顔
〈さんま御殿きょう出演〉「やさぐれキャラ」全開でお茶の間に躍り出た芸人・ヒコロヒーの“超実力派”の顔
ヒコロヒー
dot. 6時間前
スポーツ
吉田輝星の弟・大輝以外にも逸材、この夏目立つ下級生の「ドラフト候補」 来年は高校生投手が豊作か
吉田輝星の弟・大輝以外にも逸材、この夏目立つ下級生の「ドラフト候補」 来年は高校生投手が豊作か
高校野球
dot. 9時間前
ヘルス
【心臓手術数】病院ランキング2024年版・全国トップ40  1位は国立循環器病研究センター、2位は川崎幸病院
【心臓手術数】病院ランキング2024年版・全国トップ40  1位は国立循環器病研究センター、2位は川崎幸病院
いい病院
dot. 7/21
ビジネス
新NISA開始3カ月調査「東証ETFで買われた意外なベスト20」S&P500、オルカンはベスト5入らず【通常非公開データ】
新NISA開始3カ月調査「東証ETFで買われた意外なベスト20」S&P500、オルカンはベスト5入らず【通常非公開データ】
AERA Money
AERA 9時間前