「AERAwithBaby」に関する記事一覧

イヤイヤ期にごまかし育児はNG 思春期に強烈な反抗期を生む可能性も

イヤイヤ期にごまかし育児はNG 思春期に強烈な反抗期を生む可能性も

 幼児期の子育ての中で、一番手を焼く時期と言われるイヤイヤ期。子どもの成長の証しとは思いつつも、思い通りにならないわが子についイライラ。このイヤイヤ期を乗り切るための方法はあるのでしょうか? アエラム

AERA

3/25

  • 赤ちゃんの偏食が気になる親たちへ 好き嫌い克服より大事なのは「同じ時間に食事」

     赤ちゃんのときはおっぱいを飲まなかったり、ちょっと大きくなると食べ散らかしたり、偏食したり……。月齢が変わるとともに、食事で困ることも変わって、さあ大変。どうしたら食事タ

    AERA

    3/24

  • 赤ちゃんの寝かしつけに最も注意が必要なのは「スマホの光」 体内時計が乱れる原因に

     子育てに悩みはつきないものですが、悩みの中身は子どもの年齢により変わります。「AERA with Baby」が保護者を対象に行った、乳幼児期の子育てで困っていることについてのアンケートでは、「寝かし

    AERA

    3/23

  • 特定の食べ物で母乳の質は変わらない 授乳中の食べ物に悩むママに朗報

     出産で大きな負担がかかったママのカラダはとても疲れています。でも赤ちゃんのお世話などで忙しく、なかなか自分のケアをする時間がありません。9月10日発売のアエラムック「AERA with Baby ス

    AERA

    9/13

  • レトルトの離乳食に罪悪感はいらない 小児科医が“ワンオペ育児”に悩むママに指南

     ママ一人で子どもの世話をする「ワンオペ育児」が問題になっています。日々母親たちと接している「さくらが丘小児科クリニック」(東京)の小児科医、の森戸やすみ先生にこの問題の背景に何があるかを聞きました。

    AERA

    9/12

  • 1日の家事・育児時間はママがパパの6倍 “ワンオペ育児”の背景に長時間労働

     ママ一人で子どもの世話をする「ワンオペ育児」。日本ではなぜこんなことが起きるのでしょうか。働き方、日本の子育て文化などに理由があるようです。9月10日発売のアエラムック「AERA with Baby

    AERA

    9/11

  • 子どもに嫌いなものを食べさせたいなら… 親が最もやってはいけない行動

     子どもが甘いものばかりを食べている、ピーマンやにんじんなどクセのある野菜が嫌い……。「食」に関する悩みは尽きません。どうすれば好き嫌いのない子になるのでしょうか?『AERA with Baby 4月

    dot.

    4/17

この人と一緒に考える

  • 「人嫌い」なのではない! 人見知りする赤ちゃんと上手に話すコツとは

     じいじ、ばあばを見ると泣いたり、怖がったり。ママを困らせる、赤ちゃんの人見知り。人見知りしやすい赤ちゃんの傾向ってあるのでしょうか? 『AERA with Baby 4月号』(朝日新聞出版)では、専

    dot.

    4/16

  • 夫婦はわかり合えるは幻想? 夫婦間の不要な摩擦を回避するたった一つの方法

     念願の第2子を授かっても「名前を考える!」とはしゃぐばかりで、産後の家事分担の相談には逃げ腰……。無責任なパパの態度に、堪忍袋の緒が切れかかった経験のあるママは多いだろう。 特に2人目が生まれると、

    dot.

    4/15

  • 子育てママがやりがちなSNSの失敗とは? 子育て最強アプリを安全に使いこなす方法

     毎日、家事や育児に追われてクタクタになっていませんか? そんなママに朗報です! スマホの最新アプリを使えば、びっくりするほどラクができる!と小耳にはさんだ『AERA with Baby』編集部が独自

    dot.

    1/29

  • 難しい長男・長女の“しつけ” やりがちな間違いと接し方とは?

     初めての子育ては不安がいっぱい。「しつけなんて全然わからない!」というママも多いはず。そんなママたちの悩みを解決するべく『AERA with Baby2月号』(朝日新聞出版)では、「第1子のしつけ」

    dot.

    1/21

  • 意外に簡単! 子どもが冬にかかりやすい病気の撃退法とは

     風邪や感染症がはやるこの時期、赤ちゃんを病気にさせないためにはどんな注意が必要でしょう? ふたりで過ごすときにママができることは? 『AERA with Baby』2月号で、冬にかかりやすい病気の予

    dot.

    1/20

  • 産後に増えるけんかを回避! 夫のタイプ別“15秒”メソッドとは?

     夫のひと言にムカッ。妻の態度にイラッ。出産を機にピリピリ、ぎすぎすムードが漂う夫婦は少なくない様子です。「これって“産後のプチクライシス”!?」「乗り越え方のコツってあるの?」そんな質問に答えるべく

    dot.

    1/18

この話題を考える

  • 英語教育最前線 人気の“プリスクール”選びで気をつけたいこととは?

    「グローバルな時代、わが子に英語を話せるようになってほしい」 そういうい思いのある子育て世代の間で「プリスクール」が話題になっています。『AERA with Baby』12月号では、英語学習は何歳から

    dot.

    11/25

  • 年末年始の子連れ帰省 夫の実家でも快適に過ごすコツとは?

     年末年始に、子どもの顔を見せるため、帰省する家族も多いでしょう。 コタツでゴロゴロしたり、近所の公園をお散歩したりするだけでも心がなごむものですが、夫の実家だとそうはいかない!?『AERA with

    dot.

    11/24

  • 「頭が良くなる」おもちゃに科学的根拠なし?! 脳が発達するおもちゃとは

     心も体も日々成長していく赤ちゃん。そんな赤ちゃんの、潜在的な能力を伸ばしてあげたいという親は多くいます。脳の発達の視点で、わが子の脳を「育む」ためにできることはあるのでしょうか?「AERA with

    dot.

    11/20

  • ダメパパは母の自覚を強化させる!? 「父親の自覚」が薄い理由とは

     育児はしているけれど、赤ちゃんに泣かれると、ついついびびってしまい、「ねえ、ちょっと~」と妻にヘルプを求める。そんなパパも多いだろう。そして、そんなパパの態度に、イライラするママもまた多いはず。 同

    dot.

    11/19

  • ブームの予感! 「授乳フォト」撮影がママたちに人気

     妊娠中の姿を撮影する「マタニティフォト」ブームに次いで、赤ちゃんに授乳する姿を写真に残しておく「授乳フォト」が、写真館の撮影メニューとしても一般的になってきています。「期間限定の授乳シーンを、写真に

    dot.

    9/30

  • 鳥を見習え!? 人間パパの育児レベルはどれほど低いのか

     育児にちょっぴり「参加」して、自分の父親世代よりもイクメン度が超進化したつもりのイマドキパパ。 でもぶっちゃけ、生物全体で見ると、ヒト科のパパの育児貢献度&実力はどの程度? かなりレベル低そうですけ

    dot.

    9/18

1 2

カテゴリから探す