「AERAwithBaby」に関する記事一覧

てぃ先生「わが子とほかの子を比較してしまう」というママの悩みに「比較は悪いことではない。言葉選びが大切」
てぃ先生「わが子とほかの子を比較してしまう」というママの悩みに「比較は悪いことではない。言葉選びが大切」

YouTubeチャンネル登録者数77万人、Twitterは61万人。現役保育士として日本一のSNSフォロワーをもつ「てぃ先生」。テレビやラジオ、講演会でも大人気です。「よその子とわが子を比べてしまう」などの“子育ての困った!”に、てぃ先生がズバリ答えてくれました。発売中の「AERA with Baby 0歳からはぐくむ非認知能力」(朝日新聞出版)から一部抜粋してお届けします。

dot.
「保育園イヤだ~」毎朝のギャン泣きへの対処法とは? 人気保育士・てぃ先生が伝授!
「保育園イヤだ~」毎朝のギャン泣きへの対処法とは? 人気保育士・てぃ先生が伝授!
新学期が始まり、「保育園に行きたくない!」と毎朝子どもに泣かれて困っているママ、パパも多いのでは?現役保育士として日本一のSNSフォロワーをもち大人気の「てぃ先生」にどうしたらいいかを聞きました。発売中の「AERA with Baby 0歳からはぐくむ非認知能力」(朝日新聞出版)から抜粋してお届けします。
AERAwithBabyてぃ先生
dot. 4/19
ラミレスの妻・美保さんが語る3男1女“にぎやか”子育て 「たまにはカップラーメンの日があったっていい」
ラミレスの妻・美保さんが語る3男1女“にぎやか”子育て 「たまにはカップラーメンの日があったっていい」
楽しいパフォーマンスや思い切った采配で選手・監督としてプロ野球界を沸かせたアレックス・ラミレスさんのご一家は、2022年の夏に4人目のお子さんが生まれて6人家族に。いつも明るい印象のあるラミレス家ですが、どんな子育てをしているのでしょうか?“ハッピー”の秘訣を、妻の美保さんにうかがいました。発売中の「AERA with Baby 0歳からはぐくむ非認知能力」(朝日新聞出版)からお届けします。
AERAwithBaby
dot. 3/31
ヨシタケシンスケが語る絵本づくりの“ルール”とは 「大人が言いそうなことからできるだけ距離をとる」
ヨシタケシンスケが語る絵本づくりの“ルール”とは 「大人が言いそうなことからできるだけ距離をとる」
 2013年のデビュー作品『りんごかもしれない』(ブロンズ新社)以来、子どもの目線でユニークかつ、哲学的な発想でさまざまなテーマを描く絵本作家、ヨシタケシンスケさん。最新刊の『ぼくはいったい どこにいるんだ』(同)では、頭の中や心の整理術として、絵や文字で「かいてみる」ことをすすめます。絵本作家として10年という節目の年、新刊にこめた思いやヨシタケさんの描く絵本づくりの「ルール」を聞きました。
AERAwithBaby
dot. 3/28
イヤイヤ期にごまかし育児はNG 思春期に強烈な反抗期を生む可能性も
イヤイヤ期にごまかし育児はNG 思春期に強烈な反抗期を生む可能性も
幼児期の子育ての中で、一番手を焼く時期と言われるイヤイヤ期。子どもの成長の証しとは思いつつも、思い通りにならないわが子についイライラ。このイヤイヤ期を乗り切るための方法はあるのでしょうか?アエラムック「AERA with Baby解決!子育ての基本の悩み」では、非営利団体「コドモノミカタ」代表の井桁容子先生に聞きました。
AERAwithBaby
AERA 3/25
赤ちゃんの偏食が気になる親たちへ 好き嫌い克服より大事なのは「同じ時間に食事」
赤ちゃんの偏食が気になる親たちへ 好き嫌い克服より大事なのは「同じ時間に食事」
赤ちゃんのときはおっぱいを飲まなかったり、ちょっと大きくなると食べ散らかしたり、偏食したり……。月齢が変わるとともに、食事で困ることも変わって、さあ大変。どうしたら食事タイムが楽しくなるでしょうか。アエラムック「AERA with Baby解決!子育ての基本の悩み」の記事を紹介します。
AERAwithBaby
AERA 3/24
赤ちゃんの寝かしつけに最も注意が必要なのは「スマホの光」 体内時計が乱れる原因に
赤ちゃんの寝かしつけに最も注意が必要なのは「スマホの光」 体内時計が乱れる原因に
子育てに悩みはつきないものですが、悩みの中身は子どもの年齢により変わります。「AERA with Baby」が保護者を対象に行った、乳幼児期の子育てで困っていることについてのアンケートでは、「寝かしつけ」についての悩みが多く寄せられました。悩みを和らげる方法はあるのでしょうか?アエラムック「AERA with Baby解決!子育ての基本の悩み」の記事を紹介します。
AERAwithBaby
AERA 3/23
特定の食べ物で母乳の質は変わらない 授乳中の食べ物に悩むママに朗報
特定の食べ物で母乳の質は変わらない 授乳中の食べ物に悩むママに朗報
出産で大きな負担がかかったママのカラダはとても疲れています。でも赤ちゃんのお世話などで忙しく、なかなか自分のケアをする時間がありません。9月10日発売のアエラムック「AERA with Baby スペシャル保存版母子ふたりきりって大変!」では、産婦人科医に「産後のカラダケア」について聞きました。
AERAwithBaby出産と子育て朝日新聞出版の本
AERA 9/13
レトルトの離乳食に罪悪感はいらない 小児科医が“ワンオペ育児”に悩むママに指南
レトルトの離乳食に罪悪感はいらない 小児科医が“ワンオペ育児”に悩むママに指南
ママ一人で子どもの世話をする「ワンオペ育児」が問題になっています。日々母親たちと接している「さくらが丘小児科クリニック」(東京)の小児科医、の森戸やすみ先生にこの問題の背景に何があるかを聞きました。9月10日発売のアエラムック「AERA with Baby スペシャル保存版母子ふたりきりって大変!」からお届けします。
AERAwithBaby出産と子育て朝日新聞出版の本
AERA 9/12
1日の家事・育児時間はママがパパの6倍 “ワンオペ育児”の背景に長時間労働
1日の家事・育児時間はママがパパの6倍 “ワンオペ育児”の背景に長時間労働
ママ一人で子どもの世話をする「ワンオペ育児」。日本ではなぜこんなことが起きるのでしょうか。働き方、日本の子育て文化などに理由があるようです。9月10日発売のアエラムック「AERA with Baby スペシャル保存版母子ふたりきりって大変!」では、その背景を探りました。
AERAwithBaby出産と子育て朝日新聞出版の本
AERA 9/11
子どもに嫌いなものを食べさせたいなら… 親が最もやってはいけない行動
子どもに嫌いなものを食べさせたいなら… 親が最もやってはいけない行動
子どもが甘いものばかりを食べている、ピーマンやにんじんなどクセのある野菜が嫌い……。「食」に関する悩みは尽きません。どうすれば好き嫌いのない子になるのでしょうか?『AERA with Baby4月号』(朝日新聞出版)で詳しく取材しました。
AERAwithBaby出産と子育て朝日新聞出版の本
dot. 4/17
「人嫌い」なのではない! 人見知りする赤ちゃんと上手に話すコツとは
「人嫌い」なのではない! 人見知りする赤ちゃんと上手に話すコツとは
じいじ、ばあばを見ると泣いたり、怖がったり。ママを困らせる、赤ちゃんの人見知り。人見知りしやすい赤ちゃんの傾向ってあるのでしょうか? 『AERA with Baby4月号』(朝日新聞出版)では、専門の先生に取材し、人見知りのメカニズムを解明しました。
AERAwithBaby出産と子育て朝日新聞出版の本
dot. 4/16
夫婦はわかり合えるは幻想? 夫婦間の不要な摩擦を回避するたった一つの方法
夫婦はわかり合えるは幻想? 夫婦間の不要な摩擦を回避するたった一つの方法
念願の第2子を授かっても「名前を考える!」とはしゃぐばかりで、産後の家事分担の相談には逃げ腰……。無責任なパパの態度に、堪忍袋の緒が切れかかった経験のあるママは多いだろう。
AERAwithBaby出産と子育て夫婦朝日新聞出版の本男と女結婚
dot. 4/15
この話題を考える
東京が進化する <再開発ルポ>

東京が進化する <再開発ルポ>

虎ノ門・麻布台・渋谷・日本橋、下北沢――。 いま、東京は「100年に一度」と言われる再開発ラッシュだ。 成熟期にある国際都市として、首都・東京はどう変貌を遂げるのか。 模索されているのは、”個性”を生かした街づくりだ。

東京再開発
昭和レトロが心地よい

昭和レトロが心地よい

クリームソーダにナポリタン、ファミコンにダイヤル式の電話、アナログレコード…。 昭和のカルチャーが、いま、若い世代に人気です。なぜ人は昭和レトロに惹かれるのか。 懐かしくて新しい世界を、もう一度覗いてみませんか?

レトロ
性犯罪を許さない

性犯罪を許さない

性犯罪はあってはならない。なぜ、声をあげた人が責められ、被害者が自責の念にかられ、人が口をつぐむ、といったことが起こるのか。私たちの社会には、考えを深め改善すべきことが多くある。さまざまな視点から取材した。

性犯罪
人気企業110社が採用したい大学

人気企業110社が採用したい大学

コロナ禍も一段落した今年、各地で対面イベントが復活、就職活動とインターンの早期化が進んでいる。 いま企業が熱視線を送るのはどんな学生なのか――。AERAでは人気企業110社に就職した51大学のデータを公開。 ガクチカ、配属ガチャなど文系・理系双方の就活生のリアルから、地方の国公立大学の戦略までを取材した。

採用23
子育てママがやりがちなSNSの失敗とは? 子育て最強アプリを安全に使いこなす方法
子育てママがやりがちなSNSの失敗とは? 子育て最強アプリを安全に使いこなす方法
毎日、家事や育児に追われてクタクタになっていませんか?そんなママに朗報です!スマホの最新アプリを使えば、びっくりするほどラクができる!と小耳にはさんだ『AERA with Baby』編集部が独自に取材しました。また、安心・安全にアプリを使用するのに必要な安全対策についても、専門家に話を伺っています。本誌から一部を紹介します。
AERAwithBaby出産と子育て朝日新聞出版の本
dot. 1/29
難しい長男・長女の“しつけ” やりがちな間違いと接し方とは?
難しい長男・長女の“しつけ” やりがちな間違いと接し方とは?
初めての子育ては不安がいっぱい。「しつけなんて全然わからない!」というママも多いはず。そんなママたちの悩みを解決するべく『AERA with Baby2月号』(朝日新聞出版)では、「第1子のしつけ」を取材しました。頑張れば頑張るほど空回りをしてしまうママの不安と疑問を解決します!
AERAwithBaby出産と子育て朝日新聞出版の本
dot. 1/21
意外に簡単! 子どもが冬にかかりやすい病気の撃退法とは
意外に簡単! 子どもが冬にかかりやすい病気の撃退法とは
風邪や感染症がはやるこの時期、赤ちゃんを病気にさせないためにはどんな注意が必要でしょう?ふたりで過ごすときにママができることは?『AERA with Baby』2月号で、冬にかかりやすい病気の予防法と対処法を、小児科医の鳥海先生に聞きました。
AERAwithBaby出産と子育て朝日新聞出版の本
dot. 1/20
産後に増えるけんかを回避! 夫のタイプ別“15秒”メソッドとは?
産後に増えるけんかを回避! 夫のタイプ別“15秒”メソッドとは?
夫のひと言にムカッ。妻の態度にイラッ。出産を機にピリピリ、ぎすぎすムードが漂う夫婦は少なくない様子です。「これって“産後のプチクライシス”!?」「乗り越え方のコツってあるの?」そんな質問に答えるべく『AERA with Baby2月号』(朝日新聞出版)で、夫婦関係の上手なきずき方を徹底的に取材しました。
AERAwithBaby出産と子育て夫婦朝日新聞出版の本
dot. 1/18
1 2
カテゴリから探す
ニュース
「ウクライナ モールは賑わっていても、戦争で『人生のプランなくなった』 一日も早く真の日常を」東浩紀
「ウクライナ モールは賑わっていても、戦争で『人生のプランなくなった』 一日も早く真の日常を」東浩紀
東浩紀
AERA 1時間前
教育
1300年を生き抜き、再び政治の「頂点」に 明治最後の総理大臣を輩出した藤原氏
1300年を生き抜き、再び政治の「頂点」に 明治最後の総理大臣を輩出した藤原氏
藤原氏の1300年
dot. 1時間前
エンタメ
スポーツ
巨人4年ぶりのV奪還へ、オフの補強は順調なのか 今後“埋めたい穴” 求められる戦略は
巨人4年ぶりのV奪還へ、オフの補強は順調なのか 今後“埋めたい穴” 求められる戦略は
巨人
dot. 1時間前
ヘルス
「内視鏡治療」と「腹腔鏡手術」は何が違う? 混同しやすいが別の治療法【医師が解説・がんキーワード】
「内視鏡治療」と「腹腔鏡手術」は何が違う? 混同しやすいが別の治療法【医師が解説・がんキーワード】
がん
dot. 11/26
ビジネス
内なる「アンコンシャス・バイアス(無意識の偏見)」を自覚し、広い視野で世の中を見よう ローソン・竹増貞信社長
内なる「アンコンシャス・バイアス(無意識の偏見)」を自覚し、広い視野で世の中を見よう ローソン・竹増貞信社長
竹増貞信
AERA 11/27