「皮膚科医」に関する記事一覧

じんま疹やアトピー性皮膚炎がコロナワクチン接種後に発症、悪化 海外報告を医師が解説

じんま疹やアトピー性皮膚炎がコロナワクチン接種後に発症、悪化 海外報告を医師が解説

皮膚がかゆい病気で代表的なものにじんま疹とアトピー性皮膚炎があります。これらがコロナワクチン接種後に発症、もしくは悪化するという研究報告があります。近畿大学医学部皮膚科学教室主任教授の大塚篤司医師が解

dot.

6/24

  • 大塚篤司

    大塚篤司

    コロナ後遺症の脱毛は治らない? 最新研究でわかった長期後遺症の実態を近畿大・大塚医師が解説

     新型コロナウイルスに感染した人が後遺症に悩むケースも増えてきています。そんな後遺症についてまとめた研究結果も出ており、疲労、頭痛、注意力障害、脱毛、呼吸困難が多いようです。近畿大学医学部皮膚科学教室

    dot.

    4/29

  • 大塚篤司

    大塚篤司

    4月に毛虫による皮膚炎が増える理由 春に悪化する皮膚病3つを医師が解説

    春は生活環境が変わる人が多い季節です。それが原因となって、アトピー性皮膚炎が悪化するということもあるようです。近畿大学医学部皮膚科学教室主任教授の大塚篤司医師が、春に増える代表的な皮膚の病気について解

    dot.

    4/15

  • 大塚篤司

    大塚篤司

    現役皮膚科医が医療ドラマや漫画のストーリー作りに挑戦した結果、わかったこと

     医師が主人公、あるいは医療現場を舞台にした医療ドラマや医療漫画は数多くあれども、なぜか皮膚科医が主人公のものは存在しない……。それを寂しく思っていた現役皮膚科医で近畿大学

    dot.

    4/1

  • 大塚篤司

    大塚篤司

    現役皮膚科医が「謎の病気を解き明かす」短編ストーリーを書いてみた! 気になる最終回の結末は?

    医師が主人公、あるいは医療現場を舞台にした医療ドラマや医療漫画は数多くあれども、なぜか皮膚科医が主人公のものは存在しない……。それを寂しく思っていた現役皮膚科医で近畿大学医

    dot.

    3/18

  • 大塚篤司

    大塚篤司

    現役皮膚科医が医療ドラマや漫画のストーリー作りに挑戦! 謎の病気を解き明かす(第2弾)

     医師が主人公、あるいは医療現場を舞台にした医療ドラマや医療漫画は数多くあれども、なぜか皮膚科医が主人公のものは存在しない……。それを寂しく思っていた現役皮膚科医で近畿大学

    dot.

    3/4

  • 大塚篤司

    大塚篤司

    皮膚科医が主人公の漫画やドラマがない…ならばと、現役皮膚科医がストーリー作りに挑戦してみた!

     医師が主人公、あるいは医療現場を舞台にした医療ドラマや医療漫画は数多くあれども、なぜか皮膚科医が主人公のものは存在しない……。それを寂しく思っていた現役皮膚科医で近畿大学

    dot.

    2/18

この人と一緒に考える

  • 大塚篤司

    大塚篤司

    なぜ医療ドラマや漫画の主人公に皮膚科医はなれないのか? 皮膚科医の寂しさと野望

     医師が主人公あるいは医療現場を舞台にした医療ドラマや医療漫画が数多くあれども、なぜか皮膚科医が主人公のものは存在しない……。それを寂しく思っていた現役皮膚科医で近畿大学医

    dot.

    2/4

  • 大塚篤司

    大塚篤司

    年をとると、乾燥していなくても皮膚が「かゆく」なりやすいのはなぜ? 皮膚科医が解説

     寒い季節は皮膚が乾燥し、かゆくなることはありませんか? これが年をとると、乾燥していなくてもかゆみが出てくる病気があるといいます。近畿大学医学部皮膚科学教室主任教授の大塚篤司医師が、かゆみのメカニズ

    dot.

    1/21

  • 大塚篤司

    大塚篤司

    マスク着用で起きる皮膚トラブル 皮膚炎を起こした人の8割が「鼻の頭」という研究報告

     マスクの着用が日常化してすでに2年。ある研究では、感染予防対策で皮膚炎を起こした人の83.1%が鼻の頭に皮膚症状が起きました。近畿大学医学部皮膚科学教室主任教授の大塚篤司医師が、マスクに伴う皮膚のト

    dot.

    1/7

  • 大塚篤司

    大塚篤司

    コロナワクチン3回目接種前に知っておきたい皮膚の副反応 皮膚科医が解説

     多くの人が新型コロナウイルスのワクチン接種1、2回目を終え、次は3回目接種という状況になってきました。気になるのは、やはり副反応。近畿大学医学部皮膚科学教室主任教授の大塚篤司医師が、3回目接種前に知

    dot.

    12/24

  • 大塚篤司

    大塚篤司

    なぜ年をとると肌がシワシワになるのか? シワができるメカニズムと予防法を皮膚科医が解説

     年をとるごとに増えるシワ。わかっていても、この老化現象は遅らせたいものです。そもそも、なぜ年をとるとシワができるのか? そのメカニズムと予防法について、近畿大学医学部皮膚科学教室主任教授の大塚篤司医

    dot.

    9/17

  • 大塚篤司

    大塚篤司

    しいたけを食べて皮膚にかゆみが出る「しいたけ皮膚炎」 皮膚科医が解説

    「〇〇を食べれば健康になる」というフレーズを、以前は新聞、雑誌、テレビでよく見かけました。最近は減ってきていますが、特定の食材を食べて健康になるとか病気が治るというのは、大体の場合、医学的に間違いです

    dot.

    9/3

この話題を考える

  • 大塚篤司

    大塚篤司

    調理師免許を取った医師の末路 卵トロトロのオムライスを追い求めて……

    「あのオムライスを作りたい」。医学部生時代に、卵がトロトロのオムライスを食べて感動し、レストランで修業して調理師免許を取得。そんな変わった経歴を持つ近畿大学医学部皮膚科学教室主任教授の大塚篤司医師は、

    dot.

    7/23

  • 大塚篤司

    大塚篤司

    「医学博士」は医師でなくてもなれる? 「足の裏についた米粒」と呼ばれる肩書

     お医者さんの肩書の一つに「医学博士」があります。しかし、この医学博士を持っているからと言って、医師免許をもっているとは限りません。そもそも、この学位をもっていると何がすごいのでしょうか? 近畿大学医

    dot.

    4/16

1

カテゴリから探す