「注目競技」に関する記事一覧

  • 台風で五輪競技に明暗? 五十嵐カノアの決勝「最悪の波」伝説の73歳サーファーも涙ぐむ

     関東地方に台風8号が接近した27日、一部予定を変更しつつ、東京五輪の屋外競技が行われた。絶好とはいいがたいコンディション。競技によって明暗が分かれた理由とは……。*  *

    dot.

    7/28

  • 野球で金メダルは一度のみ…豪華タレントを擁しながら、日本はなぜ五輪に弱いのか

     東京五輪で金メダルが期待される侍ジャパン。「戦力は今大会で№1」と前評判が高いが、油断はできない。充実した戦力で臨みながら、五輪では何度も苦杯を嘗めているからだ。 日本が金メダルを獲得したのは公開競

    dot.

    7/28

  • 「金メダルより難しい」五輪5大会出場の三宅宏実が引退 リオ五輪では「神の助け」で奇跡的なメダル獲得

     重量挙げの三宅宏実が東京五輪で5大会連続出場を果たし、現役引退を表明した。その偉業について、1964年東京五輪重量挙げ金メダリストで伯父の義信さんが語った。AERA 2021年8月2日号の記事を紹介

    AERA

    7/28

  • ホームラン打たれてまさかの回答? ソフトボール・上野由岐子の“開き直れる強さ”を宇津木妙子さんが語る

     北京五輪を最後に実施競技から外れたソフトボールが13年ぶりに大舞台に戻ってきた。元日本代表監督と北京五輪金メダルメンバーが東京五輪の代表選手にエールを送った。AERA 2021年8月2日号の記事を紹

    AERA

    7/27

  • パリ五輪で競技から外れるソフトボール「こんなにもいいスポーツなんだと世界に示して」と宇津木妙子さん

     13年ぶりに五輪競技に復活したソフトボール。次回のパリ五輪では再び競技から外れるため、東京五輪にかける選手や関係者らの思いは強い。元日本代表監督・宇津木妙子さん(68)と北京五輪金メダルメンバー・馬

    AERA

    7/27

  • 母国開催、圧倒的優位な状況…「金しか許されない」侍Jの戦いがいよいよ始まる

     野球の侍ジャパンは、東京五輪で期待通り金メダルを獲得してくれるのだろうか。 参加国の少なさ、相手チームの本気度、そして無観客開催……。戦前のネガティブ要素は多いが、やはり

    dot.

    7/27

この人と一緒に考える

  • 陸上男子400mリレー 頂点へのカギは「信頼関係」と「バトンパス」

     陸上男子400メートルリレーで日本は北京五輪で銀メダルを獲得して以来、メダル常連国になっている。東京五輪では金メダルの期待がかかる。勝利のカギは、信頼関係とバトンパスだ。AERA 2021年7月26

    AERA

    7/27

  • メダルの常連、男子400mリレー 気になる「走順」とアンカーの行方

     陸上男子400メートルリレーは、山縣亮太、多田修平、小池祐貴らがメンバーの候補になっている。今大会でもメダル獲得に期待が高まる。走順はどうなるか。AERA 2021年7月26日号から。*  *  *

    AERA

    7/26

  • 八村塁、渡辺雄太擁するスター軍団「本職ではないポイントガード」にファンから疑問の声

     FIBAランキング42位のバスケット男子日本代表が7月18日の国際強化試合で同7位のフランス代表と対戦し、81-75で撃破した試合は大きなインパクトを与えた。 NBAプレイヤー5人を擁する格上のフラ

    dot.

    7/26

  • 東京五輪で「ラグビー人気」は再び過熱するか 日本代表の上位進出の可能性は?

     日本中を熱狂させたワールドカップから約2年、ラグビーの世界最高峰の大会が再び国内で行われる。東京オリンピック競技大会のラグビー競技が26日に開幕する。 オリンピックでラグビーが実施されるのは、5年前

    dot.

    7/25

  • 快挙の「金」大橋悠依の恩師が語る超真面目な性格 「隣の部屋から歌声が…」の意外な一面も

     東京五輪の競泳女子400メートル個人メドレーで金メダルに輝いた大橋悠依(イトマン東進)。子どものころはそこまで目立つ選手ではなかったが、地道にコツコツと力を伸ばし快挙を達成した。かつて指導した恩師も

    dot.

    7/25

  • 楽天・田中に巨人・菅野…「五輪の野球で本気なのは日本だけ」と米国で冷ややかな指摘

     東京五輪で金メダル獲得を狙う侍ジャパン。エースと期待された巨人・菅野智之がコンディション不良で出場辞退し、左足首の靭帯を痛めて4月から3カ月間離脱した故障上がりのソフトバンク・千賀滉大が追加召集され

    dot.

    7/25

この人と一緒に考える

  • “アンチ”も多い大坂なおみ、東京五輪は「イメージ回復」の絶好の機会になるか

     東京五輪のテニス女子シングルスに日本代表として出場する大坂なおみ。金メダル獲得を目指す戦いに注目が集まるが、同時に彼女の大会中の立ち振る舞いにも熱い視線が注がれるのは間違いない。選手としてのイメージ

    dot.

    7/24

  • 東洋の魔女から57年…女子バレー日本代表は再び「伝説に残るチーム」となれるか

     23日に開会式を終えた東京五輪。前回、東京で五輪が行われた1964年はバレーボール女子で「東洋の魔女」と呼ばれた日本が世界を圧巻。金メダルを獲得して日本中を熱狂させた。 あれから57年。再び東京に帰

    dot.

    7/24

  • 桐生祥秀は「ピンなしスパイク」卓球はAIで映像分析 アスリートを支える最新技術

     東京五輪では、アスリートたちを支える最新技術にも注目したい。桐生祥秀選手はピンなしのスパイクで臨む。悲願の金メダルを目指す卓球ニッポンは、試合映像の分析でAIを活用する。AERA 2021年7月26

    AERA

    7/24

  • 日本柔道に金メダルラッシュの期待大!他国からは「練習環境が整っていない」と不満の声

     東京五輪で金メダルラッシュが期待されるのはお家芸の柔道だ。前回のリオ五輪で金メダルを獲得した男子73キロ級・大野将平、柔道史上初の「きょうだい同時金メダル」の期待がかかる男子66キロ級の兄・阿部一二

    dot.

    7/24

  • 陸上・山縣亮太「1日1日の進歩、変化を楽しむつもりでやってきました」

     陸上選手で、東京五輪日本選手団主将に抜擢された山縣亮太さんがAERAに登場。五輪開催を見据える彼に、現在の思いを聞いた。AERA2021年7月26日号から。*  *  * 度重なるけがを克服して勝ち

    AERA

    7/23

  • バレーボール男子日本代表の“復活”はあるのか…まずは「29年ぶりの白星」に期待

     栄光に輝いた昭和、低迷にあえいだ平成――。そして、令和の新時代幕開けと共に、長い雌伏の時間を経てバレーボール男子が五輪に帰ってくる。 2008年北京五輪以来の大舞台。コーチとして世界選手権優勝の実績

    dot.

    7/23

1 2 3 4 5

カテゴリから探す