「書籍」に関する記事一覧

  • ゲッターズ飯田

    ゲッターズ飯田

    【ゲッターズ飯田】4月の開運のつぶやき「誰でも、最初は真似からはじまる」金のカメレオン座

     占いは人生の地図のようなもの。芸能界最強の占い師、ゲッターズ飯田さんの「五星三心占い」が、あなたが自分らしく日々を送るためのお手伝いをします。12タイプ別に、毎週月曜日にその日の運勢、毎月5のつく日

    dot.

    4/5

  • “自称”専門家の見分け方 「わかる」のが専門家ではなく、むしろ「わからない」のが専門家 <内田樹×岩田健太郎>

     専門家と非専門家の違いとは何なのか? 最新共著作『リスクを生きる』(朝日新書)で哲学者・内田樹さんと医師・岩田健太郎さんは「専門領域のフレームが見えている人」がプロフェッショナルだと説く。リスク社会

    dot.

    4/4

  • ゲッターズ飯田

    ゲッターズ飯田

    【ゲッターズ飯田】4月4日の運勢は?五星三心占い「小さな幸運に気づくことができそう」銀のイルカ座

     占いは人生の地図のようなもの。芸能界最強の占い師、ゲッターズ飯田さんの「五星三心占い」が、あなたが自分らしく日々を送るためのお手伝いをします。12タイプ別に、毎週月曜日にその日の運勢、毎月5のつく日

    dot.

    4/4

  • 偏差値70超の頭脳で語る「東大生の怪談」特有の怖さ 語り手に「文科三類」が多い理由

     偏差値70の頭脳を持つ東大生が信じてしまう「怪奇現象」とは一体何なのか。そんな風変わりなテーマの本を書いたのは、『三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実』などを手がけた東大出身の映画監督・豊島圭介

    dot.

    4/3

  • 自己肯定感を高めるなら「自分に厳しく」より「自分を労わる」 3つの基本要素とは

     先進国の中でも自己肯定感が極端に低いといわれる日本人。どうやって自己肯定感は高めていけるのでしょうか。オンラインスクールでありながら全米トップ校として知られる「スタンフォード大学オンラインハイスクー

    dot.

    3/31

  • 嘘つき常習犯のプーチン大統領 記者が見た“ごまかしの手口”

    もはや国際社会はプーチン氏の言葉を信じていない。なぜ彼は見え見えの嘘を重ねるのだろうか。『プーチンの実像』(朝日新聞出版)の著者の一人である朝日新聞論説委員・駒木明義氏は、プーチン大統領を直接知る多く

    dot.

    3/30

この人と一緒に考える

  • ひろゆきの妻が「論破はしない方が良い」と思う理由

     夫・ひろゆきとのちょっとおかしな生活をつづり話題となったコミックエッセイ『だんな様はひろゆき』(原作・西村ゆか、作画・wako)。“宇宙人”さながらの夫とのユーモアのある日常

    dot.

    3/29

  • 「SNSが苦手で」 閉塞感ばかりの時代に必要なのは、独断と偏見が許される自分だけの“タイムライン”

    「当時は“忙しいこと”が今よりずっと「いいこと」だったんです。たくさん仕事をかかえて精力的に働くことが美徳のように考えられていました。でも、この10年でそういう考え方が大きく変

    dot.

    3/25

  • 「給食に出てくるスパゲティー、全校生徒分つなげたら何メートルになる?」フェルミ推定で子どもを算数好きに

    「できれば好きになってほしいけど……」と親が思う学習科目といえば、算数・数学(理系のみなさんすみません)。実は苦手で……という方も、多いのでは。

    dot.

    3/23

  • プーチンは大阪の地下鉄を使っていた? 無名時代の“暴君”が日本で見せていた素顔 

    プーチン大統領はどんな人物で、何を考えているのか。今、世界中の人がそんな疑問を抱いているはずだ。ウクライナ侵攻からほぼ1カ月が経過し、プーチン氏の冷酷さが際立つ場面も増えている。だが、若き日のプーチン

    dot.

    3/23

  • 「アイツはいじめてもいい」と犬笛を吹く存在とは? 社会から「いじめ」がなくならないこれだけの理由 <内田樹×岩田健太郎>

     なぜ、いじめはなくならないのか。最新共著作『リスクを生きる』(朝日新書)で哲学者・内田樹さんと医者・岩田健太郎さんは「アイツはいじめてもいい」と犬笛を吹く存在を鋭く指摘する。リスク社会を生き抜くため

    dot.

    3/21

  • 「第二次世界大戦」中の和平交渉から学ぶ ロシアとウクライナの“妥結点”

     ウクライナへのロシア軍侵攻で、欧州は第二次世界大戦以来の危機的な状況となっています。ヨーロッパの地域紛争の大本を探ると、ほとんどが第二次大戦に起因します。戦史・現代史研究家の山崎雅弘さんは近著『第二

    dot.

    3/10

この話題を考える

  • 「プーチンはこれでは終わらない。さらに先に進む」 元側近が証言した“暴君”の実像とは

     ロシアのウクライナ侵攻が始まってから2週間以上が経過した。停戦協議はいまだ進まず、戦闘の長期化が懸念されているが、世界が注目するのはプーチン大統領が何を考え、これからどのような動きをするかということ

    dot.

    3/8

1 2 3

カテゴリから探す