「就職力で選ぶ大学」に関する記事一覧

コロナで一変した大学の人気傾向 「手堅く就職できる大学」を選ぶとミスマッチの危険性も

コロナで一変した大学の人気傾向 「手堅く就職できる大学」を選ぶとミスマッチの危険性も

 コロナ禍の時代、どの大学を選んで何を学ぶべきか、迷ってしまうことも多いはずだ。どうやって大学を選び、将来の仕事を考えたらいいのか。大学選びに詳しい専門家は、今こそ「やりたいことをやろう」とアドバイス

dot.

9/21

  • 早稲田大現役院生の「7 MEN 侍」本高克樹 ジャニーズと勉強の両立に悩んだ日々

     ジャニーズJr.で「7 MEN 侍」として活躍する本高克樹さん。デビューを目指して芸能活動に邁進するかたわら、早稲田大学の大学院生というもう一つの顔で、社会を鋭く見つめています。「ようやく二つの自分

    dot.

    9/19

  • 「商社」「金融」でダブル1位になった大学は? 有名企業への実就職率ランキング

     就活生の人気が高い企業は、そのぶん内定を勝ち取るのも困難だ。大学通信は毎年、大学ごとの卒業生(大学院進学者を除く)に占める「有名企業400社」への就職者数の割合を「実就職率ランキング」として公表して

    dot.

    9/13

  • 私大理系なのに年間授業料は国立大並みの「60万円」! 初年度納付金が安い大学ランキング、理工系1位は?

     コロナ禍で経済的に苦しい大学生の問題がクローズアップされているが、大学の学費は家計に与えるインパクトも大きい。そこで、授業料や入学金が抑えられる大学に注目してみたい。9月2日発売のAERAムック『就

    dot.

    9/3

  • 青山学院大と早稲田大が10年で首位逆転 高3生が選ぶ「雰囲気が良い」「自由な」大学ランキング

     高校生が大学を見る視点はさまざまだが、大学に抱く「イメージ」は志望校選びにも影響してくる。リクルート進学総研が毎年実施している調査の結果を経年で比較すると、大学のイメージの変遷が浮かび上がってくる。

    dot.

    8/30

  • 中央、立教大の評価が急上昇した理由は? 高校教諭が選ぶ「面倒見の良い」大学ランキング

     進学校の進路指導教諭は大学の情報をよく知っている。自分の高校の生徒を送り出すのにふさわしい大学はどこかを見極めるため、大学についての情報収集を欠かさないからだ。高校教諭が注目する大学のなかで、「面倒

    dot.

    8/26

この人と一緒に考える

この人と一緒に考える

1

カテゴリから探す